神経痛

従来、神経痛が現れるものとしては『頸椎ヘルニア』『腰椎ヘルニア』『脊柱管狭窄症』です。
これらは、MRIによりはっきりとした診断をすることができ、ヘルニアにより神経根が圧迫され、痛みや痺れが生じます。

ここで言っている『神経痛』は
レントゲンやMRIを撮像してもはっきりとした診断がつかないものです。
下半身では臀部や足、脛、ふくらはぎにかけて現れる、痛みや痺れなどが症状で
上半身では頚部や上腕、肘、手にかけて現れる、痛みや痺れなどが症状です。
代表的なものといえば『坐骨神経痛』です。
腰部の筋肉や臀部の筋肉が硬くなると、坐骨神経を圧迫し神経の滑走性が低下し神経痛を引き起こします。
硬くなった筋肉はリハビリテーションを行い、滑走性の低下が起きた神経に対しては超音波ガイド下で神経周囲に注射をします。
これらを行うことで、神経痛が解消されることがあります。

超音波ガイド下注射が受けられる施設
 

長野施設
長野整形外科クリニック
上田整形外科クリニック
佐久平整形外科クリニック