小林 久文

理学療法士

 
 

コメント

理学療法士の小林です。現在超音波評価を勉強し、学会で発表するなど日々研鑽しております。

超音波評価はこれまでリハビリで感覚的に行われていたものを「みえる化」し、客観的に捉える事が出来ます。

すこしでも患者さんに還元出来るよう取り組んで参ります。

宜しくお願い致します。

最新更新情報

第43回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 参加報告

平成29年9月8、9日に宮崎県で開催された学会に参加して参りました。今回は「超音波診断装置を用いた疼痛出現方向が異なる腰痛における腰部多裂筋の機能評価」という演題でポスター発表をさせて頂きました。当法人ではリハビリテ―ションに生かすための超音波評価を研究課題とし、リハビリス...

第29回日本整形外科超音波学会学術集会 参加報告(小林)

第29回日本整形外科超音波学会学術集会参加報告学会名:「第29回日本整形外科超音波学会」テーマ:「運動器いつでもどこでも超音波」会期:平成29年7月1日(土)会場:ステーションコンファレンス東京(東京都千代田区)上記日程で開催された超音波の学会に参加して参りました。リハビリ...