手術時の体位(姿勢)と主な麻酔方法

手術体位(姿勢)

肩関節の手術

鏡視下腱板修復術や鏡視下肩関節唇修復術においては全身麻酔+伝達麻酔で手術を行います。
手術はビーチチェア位や側臥位で行います。

肘関節の手術

肘関節鏡手術・骨軟骨移植術・ECRB縫着術(テニス肘)などでは全身麻酔で行っています。
手術は仰臥位や側臥位や腹臥位で行います。

脊椎の手術

内視鏡下腰椎椎弓切除術(腰部脊柱管狭窄症)、内視鏡下腰椎ヘルニア切除術(腰椎椎間板ヘルニア)の時は全身麻酔で行います。
手術時の姿勢は腹臥位で行います。

股関節の手術

股関節鏡手術は全身麻酔で行います。
牽引台を用いた仰臥位の姿勢で行います。

膝関節の手術

ACL再建術、MPFL再建術、半月板切除術、半月板縫合術、滑膜切除術、遊離体摘出術、骨軟骨移植術
これらの膝の手術では手術の程度や種類、また患者様それぞれの既往等考慮し、全身麻酔・脊髄くも膜下麻酔、硬膜外麻酔などから選択して行います。
手術は仰臥位で行ないます。

足関節の手術

鏡視下足関節手術・観血的骨接合術などの手術では脊髄くも膜下麻酔+伝達麻酔、もしくは伝達麻酔のみで行ないます。
手術時の姿勢は術式や部位により、仰臥位・側臥位・腹臥位を選択します。

 
AR-Ex 尾山台整形外科
ご予約はこちら

03-5758-3007

Web予約

〒158-0082
東京都世田谷区等々力4-13-1

東急大井町線
「尾山台駅」より徒歩2分