肩関節外来


【担当医の紹介】

 平田 正純 医師  

平田医師は、当法人における肩関節治療の専門家の1人です。
運動器(骨・関節・靭帯・腱・筋肉)超音波診療に優れており、超音波ガイド下注射による肩石灰性腱炎に対する治療も行っております。
また、機能診断を重視し、リハビリテーションによる保存療法を積極的に取り入れています。
手術が必要な場合には、関節鏡を用いた最少侵襲手術を行います。
従来では修復不可能であった腱板広範囲断裂に対して、新しい手術方法を適応しています。
また、野球肘(離断性骨軟骨炎)などの成長期のスポーツ障害の専門であり、超音波を用いた診断や、必要であれば手術療法も行っています。
長年肩や肘の痛みでお困りの方、そこには機能的な問題があるかもしれません。一度担当医を受診されてはいかがでしょう。

【当院に多い肩関節の疾患】

・腱板断裂
・上腕二頭筋長頭腱炎
・肩石灰性腱炎
・凍結肩(肩関節拘縮)
肩関節周囲炎
・反復性肩関節脱臼
・投球障害肩(上腕骨近位骨端線損傷)
 

【肩関節疾患の症状】

★腕が上がらない、上げると痛い
★背中に手が回らない。
★洋服や下着の着脱で痛い、
★痛みで夜眠れない、痛みで目が覚める
★肩が抜ける感覚がある
★野球の投球動作などスポーツ活動時に肩が痛い

【肩関節の検査】

レントゲン検査
主に関節を構成する肩甲骨、上腕骨、鎖骨の骨折やアライメント(位置異常)を評価します。



エコー検査
肩関節を構成する腱板(インナーマッスル)の状態や関節の腫れ、肩関節周囲に存在する筋や神経の動きを評価します。


MRI検査
腱板断裂の有無や程度、骨内部の異常(骨挫傷など)を評価します。


CT検査
骨折の詳細な把握や骨欠損の有無や程度を評価します。

【肩関節の治療】

リハビリテーション(徒手療法、運動療法、物理療法、テーピング)
〇注射(ステロイド注射、ヒアルロン酸注射)
 ➡超音波ガイド下注射についてはこちら
〇非観血的肩関節授動術(サイレントマニュピレーション)
*当院では平田医師、久保医師が行っています医師紹介のページは下の医師の名前から閲覧できます。
平田医師 久保医師
〇関節鏡手術(鏡視下腱板修復術鏡視下腱板修復術Debeyre-Patte変法 鏡視下関節唇修復術など)



肩関節疾患の治療は理学療法を中心とした保存療法が中心です。
当院には肩関節専門の理学療法士がおります。
関節可動域訓練や運動療法などの十分な保存療法により症状に変化がない場合は手術療法を選択します。

肩関節を専門にしたスタッフ

安田達哉(理学療法士) 
秋月光(理学療法士)
小林亮太
(理学療法士)

【外来担当日】

第2、第4木曜日

関連記事

AR-Exグループ クリニック