スポーツ外来

スポーツ外来では、診察前に詳細な問診表を記載していただき、それをもとに診察を行い、

必要に応じてエコーやMRIを駆使し原因を徹底的に調べます。

痛みの原因が、関節や筋肉の硬さ、筋力のアンバランスによるものであれば理学療法士や
スポーツトレーナーと協力し、ストレッチやトレーニング指導を行います。

靭帯損傷、半月板損傷、腱板損傷や反復性肩関節脱臼などで治療に抵抗するようであれば、
侵襲の少ない関節鏡視下手術にて治療を行います。

また、スポーツでの受傷に関わらず、関節疾患に対し理学療法を行い
治療に抵抗するようであれば関節鏡視下手術を行っています。
他の施設で手術が必要と判断された方が、理学療法のみで改善することも多く、
関節鏡視下手術では、皮膚を大きく切開することなく、術後のリハビリが楽に行えます。
関節鏡視下に行える腱板断裂手術や反復性肩関節脱臼に対する手術では、
約8mmの創が数箇所できるのみで、数日の入院加療で行えます。

また、手術療法は日々進歩し、変化していますが、海外研修や学会に積極的に参加し、
本人のニーズにあうより侵襲の少ない最新の治療法を選択しています。
例えば、前十字靭帯断裂手術においては様々な手術法がありますが、
世界に先駆けて日本で普及している解剖学的2ルート再建術を選択しており、
半月板損傷では、大きな切開が不要な鏡視下関節内縫合を行っています。

スポー外来で扱う疾患について詳しく説明しています。→→スポーツ障害

スポーツDr.の紹介

上田整形外科クリニック院長
日本整形外科学会認定医

先生自身もスキーを盛んに行っており、スキーをベースに障害者スポーツ、スポーツ障害を専門としています!
日本にて10年間勤務した後に、カナダにある「カナディアンスポーツビジネスアカデミー」に留学しております!
スポーツ障害でお困りの方は是非ご相談ください!

   

   

   植谷 岳郎
  (うえたに たけろう)

日本整形外科学会認定専門医・日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定リウマチ医

 


主に整形外科疾患の保存療法と足の外科を専門としております!
また
巻き爪のワイヤーによる保存療法も行っております!

    

    鈴木 康之
   (すずき やすゆき)

 

日本整形外科学会専門医・同 認定スポーツ医・同 認定リハビリテーション医
日本体育協会公認スポーツドクター・日本整形外科超音波学会幹事

肩関節・肘関節の関節鏡視下手術、肩関節外科、スポーツ整形外科
専門としています。
最新の超音波診断装置(エコー)を用い、運動器傷害の診断だけでなく治療も
行いベストな治療を提供できるよう日々知識と技術の研鑽に励みます。

  平田 正純
   (ひらたまさずみ)

コンセプト・特徴

 1.スポーツ種目・ポジション・レベルそれぞれにあった治療。
その患者さんに対する最良の治療法を選択していきます。

 2.最新のリハビリテーション・運動療法の実践・スポーツ別・痛んだ部位別に研修している理学療法士・
トレーナーと医師との連携に患者さんを真ん中にしたチーム医療を行っています。

 3.最新の関節鏡視下手術の技術研修を日々更新して患者さんにとって
 最高・最小侵襲の治療を行います。

 4.専任のデータセンターとの協力できちんとした客観的データに基づいた治療、
 筋力、可動域を測定し数値にて治療効果判定を行うことが可能です

ご予約・お問合せについて

*初めての受診をご予約される方は こちら
0267-88-7850 または 0268-75-7518

*初めての受診のご相談、お問合せは こちら
0267-88-7850

*再来のご予約・変更・キャンセルは こちら
0268-75-7518
WEBを用いた予約・変更が大変便利です

AR-Exグループ クリニック