鏡視下腱板修復術後の装具(大~広範囲断裂)Kenbag

鏡視下腱板修復術後には装具の装着を行います。

ここでは、大きな断裂の方を対象とした「Kenbag」の使用方法をご案内します。

装具のパーツには、本体バッグのほかに腕を安定させるためのパッドやベルトがついています。

装具の完成です。

装具を完成させた後は、装具装着の方法を練習します。

就寝時は付属の三角パッドを利用します。

装具の調整方法をご案内します。

★装具の調整は当院のスタッフが行います。

 ご自分での変更は行わないようにご注意ください。

AR-Ex 尾山台整形外科
ご予約はこちら

03-5758-3007

Web予約

〒158-0082
東京都世田谷区等々力4-13-1

東急大井町線
「尾山台駅」より徒歩2分