外脛骨障害(有痛性外脛骨)

外脛骨とは足を構成する骨の一つである舟状骨の内側に位置する余分な骨(過剰骨)のことを指します。

約15%の人に存在すると言われており、思春期の運動量の多くなる時期(10−15歳)の特に女性に多く発症するとされています。
また、成人では捻挫などの外傷が原因で同部位に痛みが発症することもあります。     


           〜舟状骨のイラスト画像〜

外脛骨はどのようにして起こる?

この外脛骨と舟状骨の間で微細な動きが生じると痛みを誘発させます。
また扁平足の方などは足部のアーチが潰れてしまうことで外脛骨部分にストレスがかかり痛みを誘発させてしまうこともあります。
これはアーチを保持するための後脛骨筋と言う筋肉の機能不全が原因ともされています。  

                  
〜赤丸内が後脛骨筋の腱〜                        〜左と比較して右踵が内側に潰れて見える〜

診断について

外脛骨を押して痛みがある場合や歩行、スポーツ活動時に同部位の痛みがある場合。  
そして、単純レントゲン画像で外脛骨を確認できた場合に診断とします。  
単純レントゲン画像における脛骨の形態は3種類に分類されています。  
また骨や靭帯の状態を確認するために、超音波やMRI検査を追加することもあります。 


                                
      〜赤丸の部分が外脛骨〜                     

治療について

保存療法と手術療法があり、第一選択として保存療法で治療を行います。
・保存療法 消炎処置として物理療法(超音波治療器)やIcingで患部の組織の炎症を抑えます。
また、症状の度合いによっては運動の休止も検討をします。 炎症が落ち着いた後、足関節、足部の筋力強化や負担のかからない動きを獲得するために
運動療法を行っていきます。足部のアーチが低下している方には アーチサポートのためのテーピングや足底板(インソール)を使用する場合もあります。
スポーツ復帰に関しては、担当医師、理学療法士と相談をしながら復帰を検討していきます。

・手術療法  
上記保存療法を行い症状の軽減が見られない場合、痛みを繰り返してしまうケースでスポーツ活 動の制限が強い方は手術で外脛骨の摘出や、
ドリリング(骨に数カ所孔を開けて骨の修復を誘発させる手法)を行います。

当院の足関節担当医

森 裕祐 医師



Ver1 2018.6.30
関連記事

AR-Ex 尾山台整形外科
ご予約はこちら

03-5758-3007

Web予約

〒158-0082
東京都世田谷区等々力4-13-1

東急大井町線
「尾山台駅」より徒歩2分