2022RUSI Work shop -手の下で何が?-

2022年7月2日~7月3日の2日間に渡って大阪府にある森ノ宮医療大学にて開催された2022RUSI Work shop(下肢・腰部)に当グループ理学療法士の竹内大樹・片山将が参加いたしました。
近年、超音波画像診断装置(エコー)を用いた疾患の診断や患部の評価が整形外科分野で行われています。エコーではその場で簡便かつリアルタイムに患部の状態を確認できるため医師だけでなく理学療法士もその技術を磨くことが重要視されています。
今回の研修では臨床上よく遭遇する腰や下半身の関節や筋肉・靱帯をエコーで撮影できるようにエコーを使用した実技を主とした研修内容でした。
我々理学療法士は触診で身体の状態を評価し、対象部位へ治療を実施しますがエコーを用いることで表面上からは分からない身体内部の状態が確認でき、より効果的な治療が行えます。
また、エコーはリアルタイムで身体の状態を診ることができるのでバイオフィードバックというトレーニング中の筋活動を観察しトレーニングしたい部位が効果的に動かせているか確認できる手法でのトレーニングが行えます。
この研修で筋肉や靱帯の描出方法を学び、そこから治療介入へ繋げる方法についても知ることができました。
医療法人アレックスではセラピストがエコーを使用し最善のリハビリテーションを提供できるように今回の様な研修に参加し法人内でスタッフへ共有しています。
 
今回の研修を通して学んできたことを日々の臨床に活かして精進してまいります。

AR-Ex 尾山台整形外科
ご予約はこちら

03-5758-3007

Web予約

〒158-0082
東京都世田谷区等々力4-13-1

東急大井町線
「尾山台駅」より徒歩2分