臼井 うすい 要介 ようすけ

医師

麻酔科医になって6年目の2004年,神経ブロックの手技を上手くなりたいと言う一心で母校の解剖学に通い,生涯の恩師である松野健二郎教授と出会いました.松野教授からは研究の論理的な考え方だけでなく,倫理についても厳しく指導されました.
医療の発展のために献体された方々の気持ちに応えるためにも,解剖研究から得られた知識を広めていく事が使命だと考えています.
選択的神経ブロック後のリハビリテーションは相性のいい医療だと考えられます.超音波解剖学が運動器に関わる医療従事者の共通言語となれるように,臨床,教育,研究のお手伝いができればと思います.よろしくお願い致します.
USUプロジェクト  http://usu-project.com

資格
2003年 日本麻酔科学会専門医
2004年 日本ペインクリニック学会専門医
2006年 日本東洋医学会漢方専門医
2010年 医学博士
2011年 日本医師会認定 健康スポーツ医

専門分野
ペインクリニック
区域麻酔
超音波解剖学

所属
2009年-現在 水谷痛みのクリニック 勤務
2011年-17年 獨協医科大学 解剖学(マクロ)講座 非常勤講師
2012年-現在 獨協医科大学 埼玉医療センター 麻酔科 非常勤講師
2016年-現在 東北大学 医学部麻酔科学・周術期医学分野 臨床准教授

経歴
獨協医科大学 卒業
獨協医科大学 第一麻酔科学教室 入局
静岡県立こども病院 麻酔科
栃木県立ガンセンター 麻酔科
聖隷横浜病院 麻酔科
佐野厚生総合病院 麻酔科
水谷痛みのクリニック
藤枝市立総合病院 麻酔科 (非常勤)

スポーツ
陸上(中学生・高校生),野球(小学生・大学生)

受賞
2016.4.16 日本区域麻酔学会 第3回学術集会 最優秀演題賞
刈屋顕,松野健二郎,奥田泰久(獨協医科大学 解剖学,さいたま医療センター 麻酔科)
「超音波ガイド下・頭半棘筋内注入による大後頭神経ブロックの超音波解剖学的検討」
2019.7.7 日本整形外科超音波学会 第30巻 奨励論文賞(共同研究者として)
鈴木重哉(藤枝市立総合病院 整形外科)
「超音波ガイド下神経ブロックによる末梢神経手術 - Monitored Hand Surgeryの試み -」
http://jasou.jp/award.html
2019.7.19 日本ペインクリニック学会 第53回大会 最優秀演題賞(共同研究者として)
村上徹,山内正憲(東北大学 麻酔科)
「肩関節挙上時の痛みに対する新たな神経ブロック」
http://www.anes.med.tohoku.ac.jp/pdf/news/190729.pdf

研究
日本学術振興会科学研究費(科研費)
臼井要介:課題番号18K16434.若手研究.平成30年度~令和2年度
「凍結肩に対する選択的神経ブロックの確立と超音波地図アプリの開発」
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-18K16434/
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)(共同研究者として)
山内正憲:課題番号18950309.平成30年度慢性の痛み解明研究事業.平成30年度~令和2年度
「選択的神経ブロックによる個別化リハビリテーションと治療効果の定量化を重視した凍結肩の集学的診療ガイドラインの開発」
研究協力者:臼井要介,井樋栄二,紺野慎一,山本宜幸,杉野繁一,村木孝行
https://research-er.jp/projects/view/1009983

AR-Ex 尾山台整形外科
ご予約はこちら

03-5758-3007

Web予約

〒158-0082
東京都世田谷区等々力4-13-1

東急大井町線
「尾山台駅」より徒歩2分