半月板損傷の手術(縫合・切除)後のリハビリテーション

公開日: 2016/11/30
更新日: 2019/12/28

半月板損傷に対する手術は半月板を切除する場合と縫合する場合とがあります。

また、手術の方法によって手術後のリハビリテーションが異なります。

当院では、以下のようにリハビリテーションを行っていますので紹介します。

半月板部分切除術の場合


術後1ヶ月まで

・痛みのない範囲で足に体重をかける練習(荷重練習)や関節を動かす練習(関節可動域練習)を実施
・早期に炎症症状を鎮め、正常な歩行が獲得できるよう介入
・患部以外の筋力トレーニングや膝への負担が少ない膝周囲筋力強化トレーニングを指導



 

術後1ヶ月〜2ヶ月まで

・疼痛,炎症症状の状態に応じて徐々にスクワットやランジなど足に体重をかけた状態でのトレーニングを開始

    

 

術後2ヶ月〜3ヶ月まで

・ジョギングやスポーツを想定した基礎的な動作トレーニングを開始、指導
ジャンプやダッシュに付け加えてアジリティー(切り返し)などのトレーニングも含みます

 

術後3ヶ月〜

・筋力測定を行い、手術前の筋力と比較して十分な改善があるかの評価を実施
改善が見られていれば、担当の医師がスポーツ復帰の許可をします



 

半月板修復(縫合)術の場合


術後2ヶ月まで

・術後2週間程度、荷重や可動域練習の範囲を医師の指示のもと理学療法士が実施
(足に体重をかけない、膝の可動範囲は屈曲90°までなど)
・その後、早期に炎症症状を鎮めることを積極的に行い、正常歩行の獲得を目指します
・運動は半月板切除と同様に患部外のトレーニング、膝への負担が少ない膝周囲筋力強化トレーニングを実施

 

術後2ヶ月〜3ヶ月まで

・疼痛、炎症の状態に応じて徐々にスクワット、ランジなどの荷重トレーニング開始、指導

※良い例            ※悪い例
        

 

術後3ヶ月〜4ヶ月まで

・ジョギングやスポーツを想定した基礎動作トレーニング開始
・ジャンプ、ダッシュ、アジリティートレーニング開始

※台から着地して膝がぶれないようにトレーニングします
     ➡︎     

 

術後4ヶ月〜

・筋力測定を実施し、スポーツ復帰への判断を担当医師が行います
 

※損傷の部位や程度、年齢、手術内容などにより、リハビリ内容は異なりますのでご留意下さい。

※上記の内容がPDFで確認できます。ご覧ください。  「鏡視下半月板縫合・切除術後のリハビリテーションPDF」

Ver.2 2019.12.28

関連記事

AR-Ex 尾山台整形外科
ご予約はこちら

03-5758-3007

Web予約

〒158-0082
東京都世田谷区等々力4-13-1

東急大井町線
「尾山台駅」より徒歩2分