足関節の専門外来

【足関節の疾患名】

足関節外側側副靱帯損傷、内側側副靱帯損傷、距骨骨軟骨損傷、インピンジメント症候群、
三角骨障害、変形性足関節症、腓骨筋腱脱臼、アキレス腱断裂 、シンスプリントなど
 

【足関節疾患の症状】

★足首が緩く捻りやすい、捻挫が癖になっている
★足首を動かすと痛い、音が鳴る、つまり感がある
 

【検査方法】

レントゲン(ストレス撮影)、MRI、CT、エコー
 

【治療】

★リハビリテーション(徒手療法、運動療法、物理療法、テーピング、サポーター)
★注射(ステロイド注射)
★関節鏡手術(鏡視下靱帯縫合術、滑膜切除術、遊離体摘出術など)

※リハビリテーションに関しては「疾患別リハビリテーション」でご確認ください。

【特徴】

日常生活で、またスポーツで足関節に痛みや不安定感などの問題を抱える患者様に対し治療にあたります。
「足関節のケガ」と一言で言っても、靱帯・骨・軟骨・筋肉・腱・関節包など多くの組織で構成され、損傷の内容は多岐に渡ります。
そのため、必要に応じてレントゲン、超音波、MRI、CT(外部委託)を用いて、どの組織がどの程度傷んでいるのかを確認する必要があります。
状況が確認できてから、患者様のニーズ(スポーツや仕事への復帰、生活の質の向上など)に合わせた治療方針をご相談していきます。
原則保存的治療(リハビリテーション)を行い、それで十分な効果が得られない場合、関節内視鏡を用いた低侵襲手術を検討します。
 

【専門医の紹介】

 森 裕祐 医師

 

 

【外来担当日】

毎週金曜 午後

シンスプリント

【シンスプリントとは?】 走る動作やジャンプ動作を繰り返し行い、脛骨(すねの骨)後内側に慢性的に痛みが起こるものをシンスプリントと言います。 痛みを我慢して運動を続けると日常生活でも痛みが出現したり、更に運動を続けると疲労骨折に繋がってしまうため、症状に適した治療を行わなければなりません。 【シンスプリントはどん...

Read more...
  • 2017/06/20

足関節捻挫

Qどのように受傷するの? 捻挫は関節に大きな力を受けて過度の運動を強制された場合に生じた靭帯の損傷をいいます。捻挫の多くは、足関節を内側に捻ってしまう『内がえし捻挫』であり、足関節の外側にある靭帯が損傷(部分的あるいは完全に断裂したり)します。頻度は少ないのですが、足を外側に捻ってしまう『外がえし捻挫』という足関...

Read more...
  • 2017/01/22

アキレス腱断裂

【アキレス腱の役割】 アキレス腱は「腓腹筋」と「ヒラメ筋」が収縮した時の力を踵(かかと)の骨に伝える強靱な腱です。「腓腹筋」と「ヒラメ筋」はつま先立ちや走る動作など、体を持ち上げる時や地面を蹴る時に働く筋肉です。これらの筋肉が発揮した力をうまく伝達してくれることで、普段の日常で行ってる動作やランニングなどの動作が...

Read more...
  • 2016/12/27

腓骨筋腱・脱臼

腓骨筋腱・脱臼 ひこつきんけん・だっきゅう 外くるぶしの後下方の痛み、腱(すじ)の脱臼感 小指(足)の外側、ふくらはぎの外側まで波及することもある ・足首を動かすことで痛い! ・外くるぶしの後ろのすじが外れる感じがする!外れる度に音がする! ・足首の捻挫(外返し)の後に起こった!腫れや内出血がある! 『腓骨筋』は...

Read more...
  • 2016/02/14
AR-Exグループ クリニック