膝関節外来

膝関節疾患の治療 理学療法を中心とした保存療法

-状況に合わせて様々な治療方法があります-
・リハビリテーション(徒手療法・物理療法・運動療法・テーピング・装具療法)
・注射(ステロイド注射・ヒアルロン酸注射・ハイドロリリース注射)
・関節鏡手術(鏡視下靭帯再建術、鏡視下半月板修復術など)
・体外衝撃波(拡散型 RSWT)

関節可動域訓練や運動療法などの十分な保存療法により症状に変化がない場合は手術療法を選択します。

担当医の紹介

中小路 真 医師   外来担当日 火曜日・水曜日・金曜日・土曜日 (すべて終日)


当クリニックでは、院長の中小路真医師が膝関節外来を担当しております。正確な診断に際して、レントゲン検査で骨折有無の判断、超音波検査にて軟部組織の状態を確認いたします。膝関節周囲で重要な4つの靭帯はMRIでの精密検査が必要となります。適切なタイミングに検査へご案内し、その結果のもと正確な診断と治療法を提供いたします。注射(ステロイド、ヒアルロン酸、 ハイドロリリース )や関節鏡視下手術やなど、状態に応じて様々な処置を提供しております。

一般の方は不自由なく日常生活を過ごしてもらうべく、すべてのアスリート、スポーツ愛好家の方は最大のパフォーマンスを発揮できるよう、ベストの治療法・コンディショニングをご提案いたします。安心してスポーツに打ち込めるような環境づくりに努めています。

膝関節の症状でお困りの際は、お気軽にご相談下さい。
長期に渡る症状に対して、難治性疼痛外来を第1・3水曜日PMに当グループ理事長 林英俊医師が実施しております。
 

AR-Exグループ クリニック