DLSセミナー

日時:平成29923

場所:Piece of modern dance studio

内容:クラシックバレエ特有の障害や治療について

講師:佐藤愛 先生(豪州バレエ学校専属セラピスト)

参加者:松崎忠将 柔道整復師

 

どの競技にも言えますが、その種目にどのような身体機能が求められていて、どのようにそれを手に入れるのか?がわからなければ、そこに向かってトレーニング、リハビリを行うことは難しいです。今回クラシックバレエダンサーへの理解、レッスン構成やよくみられる障害、またダンサーの足に着目して、ジャンプやトゥシューズへの理解、ダンサー特有の下肢障害治療、リハビリについて学んで来ました。

 

日本のクラシックバレエ界は海外と比べ特殊です。海外の多くの国では競技開始年齢が10歳前後ですが、日本では2,3歳から始めているダンサーが多数います。また、成人になってから競技を開始するダンサーが多いのも特徴の1つです。そのため海外の文献では調査されていない層のダンサーが多く、日本特有の傷害がある可能性が高く、日本独自の対応が必要な可能性が高いです。

トゥシューズを履く年齢が低いのも日本人ダンサーの特徴の1つです。トゥシューズを履くことによって起こりうる障害の原因として、トレーニング不足や正しいスキルが身についていない、シューズがあっていないなどの知識不足が考えられます。

 

今回のセミナーで得た知識や技術を元に、多くのダンサーの怪我に対して適切な治療を提供できるようにいたします。

ご予約・お問合せについて

*初めての受診をご予約される方
0267-88-7850 または 048-871-6668

*初めての受診のご相談、お問合せ
0267-88-7850

*再来のご予約・変更・キャンセル
048-871-6668
WEBを用いた予約・変更が大変便利です 

診療案内
午前 午後
中小路 中小路
休診 休診
中小路 中小路
鈴木 鈴木
中小路 中小路
中小路 中小路
住所 : 〒330-0845 埼玉県さいたま市大宮区仲町1-35 大塚ビル3階
AR-Exグループ クリニック