肩外来

肩関節の外来

しっかりと診断をいたします
肩が痛くなる原因はたくさんあります。
肩の筋肉が炎症おこしているのか
インナーマッスルである肩の腱板が損傷しているのか
肩関節に石灰が溜まっているのか
こういった痛みの原因を、レントゲン検査、超音波検査、MRI検査、CT検査
などを行い、どこに所見があるのか、ありそうなのかをお伝えします。
ヒトは原因がわからない症状に対しては不安感を抱くものです。
その不安を解消していくことを心がけています。
(※MRIとCTが必要になった場合は、近くにある検査専門のクリニックへ紹介
し、その画像をもとに当院での診療になります。)
 

早期復帰を目指し、その方に合った治療プランを考えます
治療決定後、初回リハビリテーションではセラピストが患者さんの状態をみていきます。
何が痛みの根本原因になっているかを推測し、計画を立てることを行います。
例えば野球をやっている方などは、投球のくせ、身体の使い方などが肩の痛みの原因の一つと推測されたら、フォームの改善提案などをしていきます。
スポーツや、日常生活動作への早期復帰を目指してサポートいたします。



 

肩治療でのハイドロリリース注射
ハイドロリリース注射は、癒着(くっつくこと)してしまっている筋膜と筋膜を、薬液を注射することにより、剥がしていくことを目的としています。生理食塩水または微量の局所麻酔薬を注射します。
注射箇所は、筋膜と筋膜の間や神経とその周囲の組織の間になります。これをエコー検査機器で見ながらピンポイントに行います。
この手技により、痛みの改善に効果があることがわかっています。
HR注射とリハビリを併用することでさらなる疼痛改善効果も望まれます。
 
木﨑医師の肩脱臼、肩不安定症の低侵襲手術:関節鏡
毎週木曜日、肩専門外来の木﨑医師は、肩の診療研究に没頭し、北米カナダにて専門トレーニングを修了しました。特に肩脱臼、肩不安定症の症例をカナダハリファックスで数多く経験しています。
肩が外れやすい、肩に不安定感がある方はご相談いただきたいと思います。
 



肩脱臼外来  ←クリック!

肩が痛い 肩の感覚 代表的な症状

肩を上げるのが怖い
肩が外れそうな感覚がある
肩がゆるい感覚がする
肩をまわすと痛い
肩が硬い
痛くて腕が上がらない
腕を上げると痛い

肩の痛みが気になる日常の場面

高い位置の洗濯物を干すときに肩が痛い
洋服を着る時、脱ぐ時に肩が痛い
お尻をふくときに肩が痛い
車の後部座席の荷物を取るときに痛い
車のシートベルトをかけようとすると痛い
夜、寝がえりの時に肩が痛い!起きてしまう!
などなど

肩について

肩関節は複数の関節から成り立っています。
胸鎖関節 ・ 肩鎖関節 ・ 肩甲上腕関節 ・ 肩峰下関節 ・ 肩甲胸郭関節 の5つの関節で構成されていて、これらの総称を肩関節と言います。

肩関節は他の関節と比べると可動域(関節を動かせる範囲)が広く、自由度の高い関節と言われています。そのため、 インナーマッスル(腱板) やアウターマッスル (上腕二頭筋・三角筋) 、じん帯などの組織で関節を支えて安定が保たれています。しかし、結合部分が弱いことでも知られています。
他の関節と比較して、筋肉、腱、じん帯の組織の損傷が多い部位と言われています。

診察

診察時に詳しく身体所見をお取りします。
身体所見とは、患者さんに実際に触れて(触診)、正確な診断をつけるための工程です。
コミュニケーションを取り、詳しい問診も同時に行います。

検査 -痛みの原因を画像で判断-

画像で写し出された「そのもの」を客観的に観察します。

ー方法ー
■レントゲン検査
■超音波検査
■MRI検査(MRIは近隣の検査専門クリニックをご紹介します)

右肩のレントゲン写真

診断 -病名の決定-

問診、身体所見、画像所見などでわかったことを総合的に判断して病名を決定します。
その病名に沿った治療方針をお伝えします。

治療 -どうやって治していくか-

1.リハビリテーション


2.注射… ハイドロリリース注射 、痛みが強い場合にステロイド注射


3.手術…関節鏡視下手術(鏡視下腱板修復術、鏡視下bankart修復術など)
反復性 肩関節脱臼
肩関節は一回脱臼をしてしまうと、スポーツや日常生活の軽微な動作で容易に再脱臼をしてしまうことで知られています。
脱臼をしてしまうと、整復という外れた腕をもとの位置に戻す処置をしますが、再度脱臼をしてしまうことが予想されますし、外れることを恐れて日常生活動作に制限がかかってしまいます。
この場合は手術が最も有効な治療選択になります。
木﨑医師はこの肩関節脱臼に関して、北米カナダにて世界にリードする手術を習得しています。

肩専門医の診察日

木﨑医師 … 毎週木曜日【終日】

肩専門医 木﨑医師よりメッセージ

私は肩の診療、研究に没頭し、北米カナダにて専門トレーニングを修了しました。
特に、肩脱臼、肩不安定症の症例をカナダハリファックスで数多く経験し、肩脱臼、肩不安定症に悩む方の手助けができれば幸いです。




木﨑医師YouTubeチャンネル 『肩整備士 Dr. Kazu』はコチラ↓

↑画像をクリック!
関連ページ :肩脱臼治し方 原因から治療法まで

↑画像をクリックするとページにジャンプします
関連ページ :反復性肩関節脱臼



さいたま整形外科クリニック
ご予約はこちら

 048-871-6668


〒 330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町1丁目35 大塚ビル 3階


    「大宮駅東口」より徒歩3分

AR-Exグループ クリニック