各種検査について

当院で行える検査

 

レントゲン検査(単純X線検査)


人体にX線を照射して、人体から透過してきたX線を検出器で画像化する検査です。人体には骨や筋肉、腱など様々な組織で構成されています。X線が透過しずらい骨は画像では白く、空気・腱などX線を透過しやすい組織は黒く描出されます。骨折や脱臼、骨腫瘍を診断します。


 

  超音波画像診断装置

体表面から目的物にむかって超音波をあて、その跳ね返ってきた超音波を解析し画像化した検査です。
外来中でもすぐに行うことができるのが利点です。筋肉や腱、靱帯などの軟部組織や骨端線(小児のみでみられる成長軟骨)の観察に優れています。

骨密度検査(MD法)

手指を用いたスクリーニング検査を行います。
その後、必要に応じてDXA法で検査をしていきます。こちらは最も精度の高い骨密度測定法です。誤差が少なく、測定時間が短く、放射線の被爆量も少ないという利点があります。検査にかかる時間は約10分~15分です。強さの異なる二種類のX線を使って太もも(大腿骨頚部)と腰の骨(腰椎)の撮影をしていきます。



 

他院へ依頼する検査

 

MRI検査


MRIとは、磁気共鳴画像法(Magnetic Resonance Imaging)を略して呼ばれています。 MRI検査は、放射線を使いませんので被ばくの心配はありません。 その代わりに大きな磁石と電波を使って体の内部情報を画像化して表示します。骨髄、軟骨、腱、靱帯、脂肪なども抽出されるので、骨壊死、関節炎、軟骨・靱帯損傷、腱断裂、骨・軟骨腫瘍などの診断が可能です。




 

CT検査


CTとはComputed Tomography:コンピュータ断層撮影法の略であり、CT検査はエックス線を使って身体の断面を撮影する検査です。
X線は身体の内部を通過しますが、CTは通過したエックス線量の差をデータとして集め、コンピューターで処理することによって身体の内部を画像化します。単純X線やMRI検査では抽出できない骨病変を立体的に観察ができる検査です。





 
AR-Exグループ クリニック