院内研修会報告(anterior knee pain,patellofemoral painに対する理学療法)

2019年6月16日、当院でアレックスさいたま整形外科クリニック所属の理学療法士多田智顕先生を講師に膝関節前面の痛みに対するリハビリテーションの勉強会を開催致しました。
内容:patellofemoral pain(膝蓋大腿関節の痛み)/anterior knee pain(膝前面の痛み)の理学療法



膝蓋大腿関節(膝のお皿)の痛みについて




治療の一例 McConnell taping




patellofemoral painに対しては、単関節に対してアプローチするだけでなく運動療法を併用しながら複数の関節に対しての介入が有効と考えられています。
また、痛みの感じ方や疼痛や受傷した時期を踏まえながら、徐々に運動レベルを上げていくことでより良いリハビリテーションを提供していきたいと思います。

明大前整形外科クリニック 理学療法士 佐野文彦
AR-Exグループ クリニック