上腕・肘関節

上腕二頭筋損傷
【どんな症状がでるの?】
・腕を上げるときに痛い
・手を後ろに回すと痛い
・肩の前がジンジンする
 
上腕の前にある筋肉で
肩関節と肘関節をまたぐので肩や腕、肘に症状が出現します。
時々上腕二頭筋が断裂することもあり
力こぶが肩側もしくは肘側に移動します。
 
上腕骨遠位骨端線損傷
【どんな症状がでるの?】
・肘内側を触ると痛い
・だるさや動きづらさがある
・練習中は大丈夫だが、練習終了後に肘が痛くなる

発育期の骨は「骨端線(成長線)」という軟骨があります。
発育期に無理な投球動作などで骨端線に捻り力、牽引力が繰り返しかかり生じます。
投球など肘を使う動作を中止し、患部の安静が必要になります。
もし骨端線にズレがあれば、定期的にレントゲン検査を受け、骨の形が元に戻るのを待ちます。

これが少年期の投球時に起こることを野球肘と言います
【どんな痛みが出るの?】
・ボールを投げるときに肘がいたくなる
・練習後に肘が痛くなる
・肘が腫れている
・肘の動きが悪い
・肘の中で音がする
・ボールを投げると肘の内側から小指にかけてしびれる
・握力が落ちる

上腕骨外側上顆炎
【どんな症状が出るの?】
・タオルを絞った時に痛い
・蛇口や瓶の蓋の開け閉めで痛い
・ポットを持ち上げる時に痛い
・釘打ちの仕事で痛い
・テニスのバックハンドで痛い

【どんな原因があるの?】
・手関節を使うことが多い
・肘関節を伸ばすことが多い

上腕骨の外側の突起(肘関節の外側)やその周りに痛みや炎症がでる疾患です。
日常生活でもスポーツでも起こりうる疾患です。
肘関節内側側副靭帯損傷
【どんな症状がでるの?】
・肘の曲げ伸ばしで痛い
・肘の内側を押すと痛い
・投球時に痛い
・関節の不安定感を感じる

肘関節には周りに強固な靭帯がいくつもあります
この中で損傷を受けやすいのが内側にある
内側側副靭帯です。
おもに体操選手やコンタクトスポーツでの転倒など外傷で損傷しやすい
また、投球など繰り返しのストレスによっても損傷することがあります。
肘関節専門スタッフ
医師
久保 くぼ 貴敬 たかのり
関節: 肩関節, 股関節   スポーツ: 野球, バスケットボール  
医師
中島 なかじま 駿 しゅん
関節: 肩関節   スポーツ: サッカー, テニス  
セルフリハビリ方法
※症状に応じて無理はしない!

胸のストレッチ


Cat&Dod


スリーパーストレッチ


肩甲骨トレーニング

AR-Exグループ クリニック