腰椎分離症

腰椎分離症

腰椎分離症とは腰椎の一部が疲労骨折した状態のこと。
10-17歳に好発する腰痛(ピークは14歳頃)で男女比は男性(7.9%)>女性(3.9%)である。
スポーツをする青少年期、高齢女性など骨粗鬆症のある方、先天的な腰痛の疾患のある方に多いとされています。
多発するスポーツとしては主に体を反る動作、捻る動作に多いとされています。


【どんな症状が出るの?】
・腰をそると痛い!
・腰を捻ると痛い!
・ずっと座っていると痛い!
・スポーツ動作中の腰の痛み捻り動作や反る動作で特に痛い!!
例)サッカー:キック
バレーボール:スパイク
体操:捻り動作
・悪化すると…
歩くだけで痛い!前かがみでも痛い!下半身にシビレや違和感がある!

【考えられる原因は?】
・スポーツ動作で繰り返される腰部へのストレス
・骨粗鬆症のある方
・先天性の腰部疾患のある方

【セルフチェック】
・ケンプテスト
①立位にて腰を反らす。
右(もしくは左)に捻る。
※この際に痛みが出現する場合、腰部にストレス反応が起きている可能性が高い。

【腰椎分離症の今後のリスク】
腰椎分離症は片側もしくは両側に発生する。
両側に発生している場合は10-30%で腰椎が前方へ滑る腰椎すべり症に進行する。
・病期と骨癒合率、骨癒合期間

初期:94%(骨癒合率)
骨癒合期間:約3-4か月
進行期:27-67%(骨癒合率)
骨癒合期間:約4-6か月
終期:0%(骨癒合率)

 

【セルフエクササイズ】
注意:・痛みが強くなる場合は、運動を中断してください。
・炎症症状(腫れ・熱)が強い場合は、悪化する恐れがあります


● ももうらのストレッチ

● 腹圧
 

1.肋骨を広げるイメージで、鼻から息を吸う
2.下腹で肋骨を引き下げるイメージで、口からゆっくり息を吐く


※10回/2セット

● 腹圧片脚ニーアップ
 

1.腹圧を入れて、片膝を胸に引き寄せる
2.腹圧を抜かずに元に戻していく
※腰を反らないように


※20回/2セット



● ハンドニー




● ヒップリフト

1.両膝を立て、腹圧を高めた状態でお尻を床から浮かせる
※腰を反りすぎないようにする


※10回/2セット

ご予約・お問合せについて

*初めての受診をご予約される方
0267-88-7850 または 03-6304-7681

*初めての受診のご相談、お問い合わせ
0267-88-7850

*再来のご予約・変更・キャンセル
03-6304-7681
WEBを用いた予約・変更が大変便利です 

診療案内
午前 午後
成田 成田
成田 成田
石塚 石塚
成田 成田 /  ※1
成田 久保
久保  久保 

※1 17:15~18:00
 

アクセス

  住所 : 〒156-0043 東京都世田谷区松原1-38-25

AR-Exグループ クリニック