骨粗鬆症外来

年齢を重ねるとともに骨密度(骨の強さ)は低下してきます。骨密度の低下に伴い、転倒などによる骨折のリスク(橈骨遠位端骨折、大腿骨骨折、脊椎圧迫骨折)が高まります。当院では手のレントゲンを特殊な方法(DIP法)で撮影し骨密度の測定を行っております。早期に骨密度の低下を発見し内服薬や注射による治療を実施することで骨粗しょう症への進行を防ぐことができます。


 
AR-Exグループ クリニック