研修報告 (医師事務作業補助者指導者養成講習会)

2018年度 医師事務作業補助者指導者養成講習会


日時:第1クール:2018年10月20日(土)、10月21日(日)
   第2クール:2018年12月15日(土)、12月16日(日)
会場:日本医科大学 教育棟2階 講堂(東京都文京区千駄木)
主催:特定非営利活動法人 日本医療マネジメント学会

【研修目的】
指導者として法人のクラークを育成すること。また、リーダーとして必要な、
書類・資料作成や登録・統計等の知識と技術、マネジメント、業務連携の手法
を学び、現場で役立つ実践力を養うこと。

【研修内容】
第1クール
1日目:10月20日(土)
・医療の流れ
・医師事務作業補助業務マネジメントの実際
・診療録管理、診療録の書き方
・医療書類作成のポイント
・疾患と臨床用語(内科系)
・コーチング

2日目:10月21日(日)
・個人情報保護・情報セキュリティ
・統計業務、Excelの応用
・疾患と臨床用語(小児科系)
・海外における医師事務作業補助業務
・グループワーク:教育体制と能力評価
第1クールでは医療の流れや診療録の書き方や書類について、
業務の基礎となる部分を学びました。グループワークでは他の参加者と
各病院、クリニックでの教育体制の実態についての報告と今後の
業務スキルの育成方法と評価方法について意見を出し合いました。

第2クール
1日目:12月15日(土)
・メンタルヘルス
・疾患と臨床用語(外科系、産婦人科系)
・経理・秘書業務
・グループワーク:経営改善への取り組み

2日目:12月16日(日)
・医療保険、診療報酬
・DRGとDPC
・疾患と臨床用語(整形外科系)
・がん登録、NCD登録
・接遇とマナー
第2クールでは医師事務業補助者が経営にどう貢献してけるかということについて
グループワークで話し合いました。
医師事務作業補助者の立場から院内の問題点とその原因、改善策を洗い出し、
改善に取り組んでいくための対策案についてワークシートを用いて他の病院の方々と話し合いを行いました。
医師事務作業補助は各病院、クリニックによって業務範囲は異なりますが、
他の方の意見を聞く非常に貴重な機会となりました。

今回の研修で学んだことを基礎に、業務内容の見直し、研修プログラム作成等
法人クラークの発展に繋がるよう取り組んでいきたいと思います。

明大前整形外科クリニック 大久保 賀章
上田整形外科クリニック  小林 早和美
AR-Exグループ クリニック