難治性足底腱膜炎

従来の一般的な治療を受けても症状の改善が乏しい難治性の足底腱膜炎を呈する患者さんも、ごく一部ですが存在します。
このような『6カ月以上の保存療法を行なっても改善が得られない難治性の足底腱膜炎』に有効な治療法として
体外衝撃波治療は、2012年11月より保険適用になりました。



「体外衝撃波治療器」は、メジャーリーグや日本トップレベルのスポーツ界においては、
今や通常治療の選択肢となっていますが、大病院や大学病院などにしか置かれていませんでした。
これまで、一部の人々のためのものであったこの最先端医療を、私たちは、出来る限り一般の患者さんにも広く提供していきたいと考えています。
2018年より、当院でも 体外衝撃波治療機器デュオリスSD1 ultra を導入しました。
 

体外衝撃波とは?



皮膚の上(体外)から非連続性の圧力波である衝撃波を照射する治療です。

→詳細は 体外衝撃波とは をご覧ください。
 
体外衝撃波治療2つのメカニズム
自由神経終末の変性慢性的な疼痛は、痛みを感じる自由神経終末という神経の増加によって痛みに対して敏感になってます。   
その神経を体外衝撃波によって変性させ即時的に痛みを軽減させます。
 
組織再生因子の増加
体外衝撃波による刺激は、血管再生を促進させたり、組織再生因子を増加し、損傷した組織の修復を促します。

 

体外衝撃波治療までの流れ

1,診察

診察で病態を把握し治療の適応かを判断します。

2,検査

top検査を実施し、どこが痛みの原因か詳細に確認します。

3,治療計画

top難治性疼痛外来で治療プランを患者さんと決定します。

4,治療開始

topプランに応じて体外衝撃波治療行います。症状に応じて、治療内容を変更します。

5,リハビリテーション

top痛みと組織損傷の原因となった身体の機能改善を目指し、より早い治癒とともに再発予防を目指します。

6.インソール
リハビリテーションだけでなく、インソールをオーダーメイドで作成することにより(保険適応)
足への負担を軽減させる状態を日常から維持することができます。
スポーツ活動を行なっている方は、リハビリテーションとインソールを使用することで再発予防を目指します。



 

体外衝撃波治療の費用


難治性足底腱膜炎(保険適応)         
3割負担 15,000円            
1割負担   5,000円     
 ※初診料、再診料、検査料、予約料は別途かかります     
 
その他の疾患(保険適応外)       
自由診療となります。        
詳細はインフォメーションセンター( 0267-88-7850 )までお問い合わせください。
AR-Exグループ クリニック