ダイエット

ダイエット

ダイエットをしたいという方でもいろんな想いがあると思います。
「体重だけを落としたい」
「体重も落としつつ、筋肉も付けたい」
「筋肉量を増やして、体脂肪を減らしたい」
などさまざまな目的や要望があると思います。

体重の増加↑は 摂取量>消費量 からなり
体重の減少↓は 摂取量<消費量 からなります。

例えば、1kgの脂肪を燃焼させるためには
体脂肪1g=7kcal
体脂肪1kg=7000kcal の消費が必要になります。

1ヶ月で1kg痩せるためには
7000kcal÷30日=230kcal/日

1日あたり230kcalをマイナスしなければなりません。
運動だと、歩行70分(体重70kgの場合)、速歩50分間(体重70kgの場合)
食事だと、ハンバーガー1個、ドーナッツ1個になります。

パーソナルコンディショニングセンター(PCC)

パーソナルコンディショニングセンター(以下PCC)は、腰痛や膝痛などの整形外科的疾患、高血圧や糖尿病などの内科的疾患を持っている方でもご利用いただける運動施設です。
また、姿勢改善やダイエット、スポーツパフォーマンス向上などの目的の方、クリニックに通われていない方でもご利用いただけます。
専門知識に長けたトレーナーが1対1(最大1対3)のパーソナルからセミパーソナルまでで個別に対応いたします。
クライアント様それぞれの目的や身体の状態に合わせたトレーニングメニューを提供させていただきます。

ダイエットのためのトレーニング
大筋群トレーニング
太ももの筋肉、広背筋、大胸筋など身体の中で大きな筋肉を鍛えることをいいます。
大筋群を使ってトレーニングを行なうことでエネルギー消費量が増加し、脂肪燃焼効果が増加します。(例、スクワット、腕立てなど)。

有酸素トレーニング
ジョギングやウォーキングなどの歩いたり、走ったりするような運動のことをいいます。
有酸素トレーニングをすることで脂肪燃焼効果の増加、基礎代謝量の増加、心肺機能向上などの効果があります。
大筋群トレーニングと併用して行うことで脂肪燃焼効果がさらに上がります。

HIIT(インターバルトレーニング)
HIITトレーニングとは高負荷のエクササイズと休憩を短時間で繰り返し行うトレーニングのことをいいます。
短時間で限界まで体を追い込むことで、常に脂肪が燃焼しやすい状態をキープし、体脂肪減少と筋肉増量効果、心肺機能向上を得るものです。
ダイエットのための食事
健康のために、食事・運動・休養のバランスが大事であることと同じように食事も主食・主菜・副菜のバランスが非常に大切です。
また、世の中には間違ったダイエットをして体調を崩したりリバウンドをしてしまうといった方もいるのではないでしょうか。
PCCでは、トレーナーがクライアント様の食事をカウンセリングし、なにができるか検討し目標達成可能な食事内容を提案させていただきます。
また、管理栄養士による栄養相談、栄養指導を実施しています。
1日の食事量やバランス、1週間の食事の内容やレシピなど様々な観点から食事指導、栄養指導をさせていただきます。