足関節外来

担当医の紹介

森 裕祐 医師

日常生活で、またスポーツで足関節に痛みや不安定感などの問題を抱える患者様に対し治療にあたります。「足関節のケガ」と一言で言っても、靱帯・骨・軟骨・筋肉・腱・関節包など多くの組織で構成され、損傷の内容は多岐に渡ります。そのため、必要に応じてレントゲン、超音波、MRI、CT(外部委託)を用いて、どの組織がどの程度傷んでいるのかを確認する必要があります。状況が確認できてから、患者様のニーズ(スポーツや仕事への復帰、生活の質の向上など)に合わせた治療方針をご相談していきます。原則保存的治療(リハビリテーション)を行い、それで十分な効果が得られない場合、関節内視鏡を用いた低侵襲手術を検討します。

外来担当日

月1回不定期( 完全予約制
詳しくは  お知らせ  をご覧ください。
※初診では特別診療外来での受診となります。予約なしでの受診は受け付けておりません。

特別診療外来について

通常の保険診療を行うなかで一部特別診療外来を行っております。
選定療養費と呼ばれる「保険適応外」の予約料を徴収し、待ち時間の短縮と十分な診療時間の確保を目的としております。
自費で予約料が発生いたしますが、予約料以外の診療費は保険適応となります。

予約料について

森医師の特別診療外来(主に初診患者)について、予約料として8.250円(税込)をお支払いいただきます。
予約時間から30分以内に診療を開始します。
当院の都合により30分を過ぎても診療が開始できなかった場合は予約料のご請求はいたしません。
予約料は保険適応外であり、高額療養費制度の適応にもなりません。  

診察対象となる疾患の一覧


診察対象となる疾患は下記に示すような 足関節周囲 の疾患です。
尚、足関節周囲の疾患で診察させて頂いた結果、一般外来での診療で対応可能と判断した場合は、2回目以降の診察予約を一般外来で取得させて頂く場合がございます。ご了承頂きますよう宜しくお願い致します。
また、外反母趾や陥入爪など前足部の症状は、足関節外来ではなく、一般外来で対応させて頂きます。

足関節捻挫(靱帯損傷)
腓骨筋腱脱臼  
・距骨骨軟骨損傷
・インピンジメント症候群
・三角骨障害
アキレス腱断裂
変形性足関節症  など

疾患の症状

★足首が緩く捻りやすい、捻挫が癖になっている
★足首を動かすと痛い、音が鳴る、つまり感がある

検査方法

レントゲン、エコー、MRI、CT

治療

足関節疾患の治療は理学療法を中心とした保存療法が中心です。
関節可動域訓練や運動療法などの十分な保存療法により症状に変化がない場合は手術療法を選択します。

足関節を専門にしたスタッフ

長野整形外科クリニック
ご予約はこちら

026-256-8822

Web予約

〒 381-0043
長野県長野市吉田5-26-23

「北長野駅」より徒歩13分