足関節捻挫

公開日: 2020/05/28
更新日: 2020/05/28

足関節捻挫について

 足関節捻挫は足を内側に捻ってしまう『内返し捻挫』が多く、この場合は主に前距腓靭帯や前脛腓靭帯といった外側の靭帯が損傷(断裂)します。スポーツの中では切り替えし動作や、ジャンプ着地で失敗して足を捻ったり、日常生活では何かに躓いて転倒した際や、階段など段差を踏み外して足を捻ってしまったりと様々です。『内返し捻挫』と比べ頻度は少ないですが、足を外側に捻ってしまう『外返し捻挫』の多くは内側にある三角靭帯が損傷します。
 靭帯損傷の程度は軽度から重度まであり、重度の場合は骨折や骨挫傷を合併している可能性があります。
 

足関節靭帯の解剖について


内返し捻挫』では外側の前距腓靱帯前脛腓靱帯踵腓靱帯を損傷することが多いです

『外返し捻挫』では内側の三角靱帯を損傷することが多いです。  

足関節捻挫の症状は?

・足関節の痛み
・足関節がひどく腫れている
・歩くと痛い、体重をかけると痛い
 

画像検査について

単純レントゲン検査では足関節骨折の有無、超音波検査では靭帯と足関節不安定性を評価、MRI検査では靭帯・骨傷を評価します。
靭帯の損傷程度によりGradeⅠ(軽度)、Ⅱ(中程度)、Ⅲ(重度)に分類され、軽度の損傷でも捻挫を繰り返すことによって足関節不安定性を伴うことがあります。

治療

*現場での処置について
捻挫をした現場ではまずRICE(ライス)を行ってください。
RICEとは、
(rest)    患部安静
(icing)     冷却
(compression)圧迫
(elevation)     挙上です。
この処置を行うことにより腫れ、痛みを軽減することができます。
 
保存療法
 患部固定や荷重制限を行います。靱帯損傷の程度で固定期間や、荷重制限の程度が異なります。痛みや腫れが治まってから、足の筋力トレーニング、足関節の柔軟性をあげる運動療法を行います。再発予防のためにバランス訓練やテーピングまたは装具装着下で徐々に運動負荷を上げて、スポーツ復帰を目指します。
 
手術療法
 保存療法に抵抗し、足関節の不安定性や痛みが残存する場合に手術療法を検討します。

当院の足関節外来についてはこちら
長野整形外科クリニック
ご予約はこちら

026-256-8822

Web予約

〒 381-0043
長野県長野市吉田5-26-23

「北長野駅」より徒歩13分

かかと/足裏の痛みの最新治療 体外衝撃波