子どもが膝の前面を痛がる、骨が出っ張ってきたら「オスグッド・シュラッター病」

オスグッド・シュラッター病の原因とは?

 成長期の子供が、サッカーやバレーのようにボールを蹴ったり、ジャンプをしたりする動作が多いスポーツをすることにより発症します。『脛骨粗面』には膝を伸ばす大腿四頭筋が付いています。成長期は軟骨から大人の骨に変化していく時期であり、軟骨は柔らかく弱い状態です。繰り返し使うと、大腿四頭筋が付いている脛骨粗面が強く引っ張られ、成長軟骨の一部が剥れて痛むようになります。

症状

・脛骨粗面(膝の前面の骨)が徐々に突出し、疼痛や腫脹を生じます。
・10~15歳のスポーツをする男児に多いです

画像・診断について

視診、触診、単純レントゲン検査で診断可能です。
MRI検査では脛骨粗面、周囲の炎症の状況を確認します。

例)
単純レントゲン画像

脛骨粗面に遊離骨片(オシクル)
MRI画像


脛骨粗面周辺に信号変化(炎症所見)


脛骨粗面に遊離骨片

治療について

 まずは安静にして症状を抑えます。その後症状に応じて運動量を調整しながらスポーツ復帰を目指します。サポーター(オスグッドバンド)も有用です。リハビリテーションで大腿四頭筋のストレッチ、アイシングを併用して行っていきます。
 
長野整形外科クリニック
ご予約はこちら

026-256-8822

Web予約

〒 381-0043
長野県長野市吉田5-26-23

「北長野駅」より徒歩13分