頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアとは?

頚椎は7つの椎骨で構成され、椎骨間には椎間板(弾力を持つ連結組織)があります。
頚椎椎間板ヘルニアとは椎間板に線維輪が膨隆して裂隙が生じ、髄核が脊柱管内、椎間孔へ突出・脱出することを言います。
 

頚椎椎間板ヘルニアの原因とは?

加齢に加え、スポーツや重労働、外傷による負荷などが発症の原因となります。
きっかけがはっきりしないケースも少なくありません。30~50歳代の男性に好発します。
 

頚椎椎間板ヘルニアの症状は?

・頸部の凝り、不快感、痛み、運動制限
・進行すると腕のしびれや感覚障害、筋委縮などが起こる
 

診断・画像について

椎間板腔の狭小、骨棘形成が単純レントゲン画像でみられます。
MRI検査は脱出髄核、椎間板変性の描出にすぐれ、最も有用です。

例)
単純レントゲン画像

C5/6椎間板腔狭小

MRI画像


C5/6椎間板膨隆

 

治療について

患部の安静を図るため、頚椎カラ―(ネックカラー)を装用し消炎鎮痛剤、筋弛緩薬、ビタミンB12製剤などの投薬を行います。痛みやしびれが強い場合は、神経根ブロックを検討します。(他院へ委託)
保存療法で改善しないケース、日常生活に支障をきたすケースは手術療法を検討し、脊椎担当医へ紹介します。
 
長野整形外科クリニック
ご予約はこちら

026-256-8822

Web予約

〒 381-0043
長野県長野市吉田5-26-23

「北長野駅」より徒歩13分

かかと/足裏の痛みの最新治療 体外衝撃波