腰椎椎間板ヘルニア

 

ヘルニアとは?

椎間板に線維輪が膨隆して裂隙が生じ、髄核が脊柱管内、椎間孔へ突出・脱出し、馬尾や神経根を圧迫することを言います。
 

原因

 椎間板は背骨の骨と骨の間にあり、クッションの働きをします。椎間板の変性をもとに、労働、スポーツ、外傷などによる負荷が加わって発症するケースが多いです。20~40歳代の男性に多いといわれ、5つある腰の骨のうち、4番目と5番目の間、5番目とその下の仙骨という骨の間(下位腰椎)に好発します。
 

症状

・腰痛
・一側性の下肢痛、しびれ
・痛みは強く、運動が制限される
・重度では筋力低下、感覚障害、歩行障害、膀胱直腸障害(排尿・排便障害)等を招くこともあります。
 

画像・診断

SLRテストなどの誘発テストでヘルニアを疑い、神経学的検査所見、画像所見によって総合的に診断します。
MRI検査は神経の圧迫病変の描出にすぐれ、確定診断に用いられます。

例)
MRI画像(SAG:矢状断)
MRI画像(AX:横断像)
 

治療

腰椎椎間板ヘルニアは80%保存療法で改善されます。
神経障害が酷い場合(麻痺、膀胱直腸障害等)、早期に手術を行うことが望ましいです。
 
長野整形外科クリニック
ご予約はこちら

026-256-8822

Web予約

〒 381-0043
長野県長野市吉田5-26-23

「北長野駅」より徒歩13分

難治性足底腱膜炎 体外衝撃波治療