AR-Ex尾山台整形外科からの帰り道レビュー

2019/08/06
理学療法士
髙野 秀人

<AR-Ex尾山台整形外科からの帰り道レビュー(2019/7/23現在)>
 
 当法人では関節鏡に特化した手術を行っています。手術に関しては長野では行っておらず、同グループの東京施設(AR-Ex尾山台整形外科)で実施しています。長野から東京に移動すること自体に抵抗を感じる方も少なくないため、今回、手術後の帰り道をレビューしてみました。
 術後に関しては肩の手術であれば、装具で固定しているため片手が使えない状態で荷物を持ち運びしなければいけません。下肢の手術の場合は状態にもよりますが、松葉杖歩行が必要になります。そこで、今回は階段・エスカレーターを使わない(エスカレーターも松葉杖歩行では非常に危険なため回避しました。)エレベーターを利用した道順を紹介したいと思います。尾山台駅~長野は大宮経由と東京経由がありますが、東京経由を紹介します。
 
<尾山台駅~東急大井町線大井町駅>
平坦な道で、徒歩3分以内です。松葉杖を使用しても10分程度です。
改札は平坦で、段差はありません。電車には優先席があります。



 


<東急大井町線大井町駅~JR(京浜東北線)~東京駅>
東急大井町線大井町駅の改札は窓口もあります。


JR東改札では右側がエスカレーター、左側が階段です。工事中のため、現在エレベーターは使用できません。


そこで、JR東改札ではなく中央改札に向かいます。
東急大井町線大井町改札を出たら右側にエレベーターがあります。(階段が10~15段ほどあるため、エレベーターを使用します)


その後、直進方向にアトレが見えるので進みます。交番の前にエレベーターがあるので、2階の中央改札口へ向かいます。

 



 
JR大井町駅中央口改札を直進すると京浜東北線1番線のホームへのエレベーターがあります。


東京駅~長野駅
京浜東北線で東京駅ホームに到着したら、エレベーターを目指してホームを移動します。


エレベーターに乗り、改札階へ向かいます。
近くにある南乗り換え口は現在工事中でエレベーターは使用できません。(エスカレーターはあります。)そのため、北乗り換え口に向かいます。
あとは新幹線に乗って長野へ帰宅です。



 


 今回実際にレビューしてみると、東京オリンピック・パラリンピックの影響で駅構内の工事が行われており、エレベーターの無い改札があることがわかりました。今回の帰り道の状況は2019年7月のものなので、実際に東京に移動する際は情報のアップデートをしてください。
 帰り道は術後ということもあり、いつもと勝手が違うと思います。リハビリでは術後の状態を考慮して、術前から装具の装着や松葉杖の練習を行いますが、それでも長野に比べると、人混みに遭遇しやすいと思います。そのため通勤・帰宅ラッシュ時を避けて移動する、電車乗り換え時は人の流れが早いため降車後、ホームで少し待ち混雑が収まってから移動するなど工夫も必要です。
長野整形外科クリニック 理学療法士 髙野秀人
この記事を書いたスタッフ
理学療法士
髙野 秀人
米どころ新潟から長野に移住して3年目!長野県の観光地の多さにびっくりしている今日このごろです!私の治療方針は患者さんと二人三脚で進めるリハビリです。患者さんが目指すゴールに寄り添うこと、症状を十分に説明し、何故この治療が必要なのかを理解していただくことを大切にしています。また足関節を専門にしており、足関節の症例を多く担当させていただいております。 
長野整形外科クリニック
ご予約はこちら

026-256-8822

Web予約

〒 381-0043
長野県長野市吉田5-26-23

「北長野駅」より徒歩13分

かかと/足裏の痛みの最新治療 体外衝撃波