環指・小指のしびれを来たす尺骨神経障害「肘部管症候群」

肘部管症候群とは?

 肘部管とは、上腕骨内側上顆背側にある溝(尺骨神経溝)から尺側手根屈筋への入り口までの区間をいい、尺骨神経は肘部管を通っています。肘部管における尺骨神経の圧迫や牽引によって生じる絞扼性神経障害のことを「肘部管症候群」と言います。

肘部管症候群の原因は?

 変形性肘関節症(加齢にともなう変形)に伴う尺骨神経障害が大半を占めます。その他に先天異常や外反肘、内反肘、尺骨神経脱臼、腫瘍性病変などが発症原因となります。野球などのスポーツ障害としてもみられます。

肘部管症候群の症状について

初期症状は小指、環指のしびれ、肘内側の痛み、尺骨神経の支配領域の感覚障害、運動障害などが現れます。
症状が進行すると、手内筋の筋力低下(萎縮)が目立ち、鷲手(わして)変形をきたすケースも多くあります。
 

診断について

神経伝導速度検査が有用です。肘部管前後での神経伝導速度が低下します。

治療について

患部安静(なるべく肘を曲げないようにすること)、薬物療法(ビタミンB12製剤、消炎鎮痛剤)、リハビリテーション(肘周囲の機能改善)を行います。
 
長野整形外科クリニック
ご予約はこちら

026-256-8822

Web予約

〒 381-0043
長野県長野市吉田5-26-23

「北長野駅」より徒歩13分