側弯症

側弯症の原因とは?

 「側弯症」とは、背骨が側方に弯曲した状態のことを言います。多くは小児期に見られる背骨の弯曲を指します。原因不明の「特発性側弯症」が全体の約7割を占め、10歳以上の思春期に発症するものが最も多く、成長とともに進行していきます。進行に伴い、姿勢の変化により筋肉のバランスが崩れ、背部~腰部の痛みを生じます。
 その他に先天的な奇形や遺伝などの先天性側弯症、神経や筋肉の異常による症候性側弯症などがあります。
 

症状について

・肩の高さが違う
・片方の肩甲骨が盛り上がっている
・ウエストのくびれの高さに左右差がある
・背中や腰が痛い
・姿勢が悪い
 

画像・診断について

身体所見 背骨のライン、肩の高さ、肩甲骨の突出、腰の高さ、胸郭の変形、肋骨や腰部の隆起を確認します。


単純レントゲン検査で側弯の有無を確認します。


 

治療について

 側弯の程度によって治療は異なります。側弯の程度が軽い場合は、運動療法などで経過観察します。経時的にレントゲンで進行度を確認し、進行する場合には装具治療が必要となります。脊柱の成長期である思春期に悪化する場合が多いため、進行する場合は手術による矯正が必要になる場合があります。高度な側弯がみられる場合や、側弯が進行する場合は専門医へ紹介します。
 
長野整形外科クリニック
ご予約はこちら

026-256-8822

Web予約

〒 381-0043
長野県長野市吉田5-26-23

「北長野駅」より徒歩13分

かかと/足裏の痛みの最新治療 体外衝撃波