第259回技術講習会 四肢関節に対するマニュアルセラピー ー評価と治療ー

日程:平成30年11月24日~25日
会場:東京工科大学蒲田キャンパス12号館6階
講師:Dr Steve Milanese
   (PT,PhD,南オーストラリア大学 International Centre for Allied Health Evidence所長)
参加者:大越 志帆
 
11月24、25日に東京工科大学蒲田キャンパスで、四肢関節に対するマニュアルセラピーの講習会が開催されました。
 マニュアルセラピー(徒手療法)は様々なコンセプトがありますが、今回は数ある中の「メイトランドコンセプト」の四肢関節(肩・肘・手・膝・足・股関節)を学んできました。
 メイトランドコンセプトは、オーストラリアのGeoffrey Douglas Maitlandが開発した治療法で、現在もなお発展し続け、世界中の理学療法士の養成教育にも取り入れられています。
 
 メイトランドコンセプトは、主に関節の機能障害に対する評価と治療を行う際に用いることができる手技です。関節の機能障害の「痛み」と「硬さ」に対して評価を行い、治療を行います。
今回学んだ中で、このコンセプトだけですべての問題が解決するわけではなく、他の様々なコンセプトの手技を組み合わせて治療を行っていくことが必要だということを忘れてはいけないと思いました。多くの患者さんの悩みを解決できるよう、今回学んだことを取り入れ、患者さんにとって最善な治療を提供したいと思います。
今後も知識や技術を高めていき、最善な医療を提供できるよう自己研鑽を続けていきます。

長野整形外科クリニック 理学療法士 大越 志帆

長野整形外科クリニック
ご予約はこちら

026-256-8822

Web予約

〒 381-0043
長野県長野市吉田5-26-23

「北長野駅」より徒歩13分