アレックス脊椎クリニックの特徴

当院は脊椎疾患専門クリニックです。
脊椎に由来する様々な疾患や症状に対して適
切に対応させていただきます。腰痛、首の痛
み、肩こり、手足のしびれ、側弯などに対
して積極的に運動療法を取り入れています。
診察、検査
治療
手術

診察・検査



 
検査では単純レントゲン、CT、超音波、DEXA法による骨密度検査(腰椎、大腿骨)が可能です。また隣接したAR-Ex尾山台整形外科でMRI装置を備えており両クリニ ックで整形外科全般の検査体制を整えています。各種検査結果を基にして、脊椎専門医が急性期から慢性期まで、すべての脊椎疾患に対して患者様一人一人に最適 な医療をご提供しております。また、脊椎疾患以外の原因が考えられる場合は、随時 アレックスグループ内外の専門医をご紹介しております。

治療は大きく保存療法と手術療法とに分けられます。
保存療法とは内服や注射、リハビリテーションなどのことです。当院では、まず保存療法を優先して治療を進めます。多くのケースで保存療法で症状改善が期待できるからです。保存療法を行ってみても十分な治療効果が望めないと医師が判断した時に、初めて手術を検討します。あくまでも手術は保存療法の次の選択肢です。

治療



 

▶保存療法(内服、注射、治療目的のリハビリ)
痛みがある時は内服や注射では痛みと炎症を抑えます。痛みの出ない範囲で身体を動かすところからリハビリテーションがスタートします。特に慢性腰痛の症状改善には運動療法 が効果的とされています。これまでの研究から運動療法は我流で行うよりも、理学療法士 が適切なフォームや身体の使い方を指導することでより効果を発揮するとされています。リハビリテーションを進める上で痛みの発生メカニズムを追究することはとても重要ですが、腰痛の要因を1つに絞り込むことは難しいです。当院では可能な限り痛みの原因の絞 り込みを行い患者様一人一人にもっとも効果的なリハビリプログラムを立案しています。

手術



 
▶手術(手術、術前・術後リハビリ)
当院は内視鏡を用いた手術を行っています。内視鏡での手術は傷口が数ミリと小さいため体にはやさしい手術方法です。整形外科の疾患は全て手術して完治ではありません。例外なく術後のリハビリが必要です。それによって今まで落ちていた体力、筋力がようやく元に戻り完治に至ります。当院では全ての方が完治されるようエスコートさせて頂きます。
03-5758-1321
0267-88-7850
つながりにくい場合↓
03-5758-1321
AR-Exグループ クリニック