頚椎神経根ブロック

公開日: 2019/10/24
更新日: 2019/10/31
放射線技師
脇坂 浩司

頚椎神経根ブロックとは

頚椎の神経が原因で肩から手にかけて痛みがある場合に選択される治療法のひとつです。
頚椎の骨の中には脊髄という神経の本幹があり、そこから肩〜腕〜指に向かう神経として分岐していきます(これを神経根と呼びます)。注射で局所麻酔剤やステロイドなどの薬液を頸椎神経根の近くに注入することで、激しい痛みなどの症状を抑えることが期待できます。また注射の効果の有無によって、何番目の神経が痛みの原因になっているかを判断しています。
 


 

 高度な技術と超音波ガイド

頚椎への注射は神経・血管が密集しているため高度な技術が必要です。
そのため頚椎神経根ブロックは、レントゲンを見ながら造影剤を用いて行うので入院が必要になることも多いと思われます。
当クリニックでは、頚椎神経根ブロックを超音波ガイド下に外来で行っています。
超音波画像を用いることで、リアルタイムで針の位置や神経の位置を確認しながら注射することができますから、レントゲンを見ながら行う方法よりもむしろ安全で入院も不要です。
針先が神経に触れないようにして薬液を注入することができるので、痛みの少ない頚椎神経根ブロックが可能なのです。

また同様に超音波ガイドを用いてハイドロリリース注射も行っています。
ハイドロリリース
この記事を書いたスタッフ
放射線技師
脇坂 浩司
自宅の本棚は、料理の本が2/3、医療関係が1/3。
まだまだ勉強が足りません。
最良の検査画像を提供するため、日々の業務を進めていきます。
お休みの日は海に山に出掛けたい…と思いつつ、
アレックス脊椎クリニック
ご予約はこちら

03-5758-1321

東京都世田谷区等々力4-13-1

東急大井町線
「尾山台駅」より徒歩2分