坐骨神経痛

公開日: 2020/05/15
更新日: 2020/07/19
柔道整復師
西牟禮 翔

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)

坐骨神経とは、腰椎4・5番目と仙椎の神経からなり、梨状筋の下で大坐骨孔を通り太ももの裏側から下肢に向かって走っている末梢神経です。末梢神経の中でも最大かつ最長と言われています。この坐骨神経が様々な原因により圧迫されることで、神経経路に沿って殿部や下肢後面・硬い外側に痛み・しびれが出ます。場合によっては歩き始めると足に痛み・しびれを感じ、少し休むとまた歩けるようになる「間欠性跛行」といった症状にも繋がります。
・臀部や下肢への痛み・しびれ・焼けるような灼熱感(しゃくねつかん)
・同じ姿勢でいるのが辛い
・間欠性跛行(かんけつせいはこう)
・腰を曲げ伸ばしすると下肢への痛みが強くなる
こういった症状がある方は坐骨神経痛の可能性があります。

坐骨神経痛が起きる原因

この坐骨神経痛を引き起こすものには主に、

が、挙げられます。他にも、脊柱側弯症、腰椎分離すべり症などがあります。これらは腰椎の変形や椎間板の変性が原因となり神経根を圧迫することで坐骨神経痛を起こすパターンです。また、股関節の動きが硬い人は殿部にある梨状筋が緊張している場合があります。梨状筋が緊張していると、その下を走っている坐骨神経を圧迫して痛み・しびれを誘発することがあり、これを梨状筋症候群と言います。これはMRIやレントゲンの検査では見つけられず注意が必要です。
このように坐骨神経痛は疾患名でなく、症状につけられた名前なのです。

坐骨神経痛に対する治療

坐骨神経痛の治療は、まず運動療法や薬物療法などの保存療法から始まります。当院では、医師が原因となる疾患に合わせてお薬の処方や神経ブロック注射を行います。リハビリテーションでも、疾患に準じて治療を行います。また、普段の日常生活や姿勢が原因であればそちらにも焦点を当て、動作指導を行なっています。それでも、痛みが改善されない、排尿排便障害が出てきた場合には、手術を検討します。当院では内視鏡を用いて手術を行っています。
この記事を書いたスタッフ
柔道整復師
西牟禮 翔
はじめまして。柔道整復師の西牟禮 翔と申します。現在はアレックス脊椎クリニックで医療クラークとして勤務しております。趣味はサッカー観戦です。患者様の声にしっかりと耳を傾け、気持ち良く受診出来るようサポートしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。
アレックス脊椎クリニック
ご予約はこちら

03-5758-1321

東京都世田谷区等々力4-13-1

東急大井町線
「尾山台駅」より徒歩2分