腰椎椎間板ヘルニアの症状と運動療法、ストレッチについて

腰椎椎間板ヘルニアの症状とは



脊椎の骨と骨の間にある軟骨のクッションを椎間板といいます。
椎間板は頭から骨盤まで垂直にかかる荷重を受け止めたり、背骨を円滑に曲げたり反らしたりする役割を持っています。
椎間板は、線維輪と呼ばれる硬い組織の中に髄核と呼ばれる軟骨組織で構成されています。

腰椎椎間板ヘルニアは、加齢や外傷によって線維輪に亀裂が入り、そこから飛び出した髄核が神経を圧迫してしまうことです。
主な症状は、殿部や脚に痛み・しびれ・感覚障害(触られている感じが鈍くなる)・筋力低下などです。




腰椎椎間板ヘルニアは5つある腰椎の4番目と5番目の間5番目と仙骨の間で起こりやすい疾患です.
 

腰椎椎間板ヘルニアの治療


腰椎椎間板ヘルニアは、自然に消滅することの多い疾患です。
そのため必ずしも手術が必要というわけではなく、リハビリ神経に対する注射・薬の服用によって治療することができます。
しかし、神経が非常に強く圧迫されている場合や日常生活が送れないほどの痛みが出現したり、自力で足首が起こせなくなったり、トイレのコントロールが困難になったりすることがあります。
そのような場合には、早急な手術が必要な場合もございますので早めに医療機関への受診をお勧めします。
 

腰椎椎間板ヘルニアに対する運動療法

腹式呼吸トレーニング


四つばいトレーニング(Hand&knee)
四つ這いトレーニング(B&D)


腰椎椎間板ヘルニアに対する運動療法の一例です。
エクササイズで痛みの出る方は、中止してください

関連ページ

当院の保存療法について
保存療法について(薬物・注射・装具など)
ハイドロリリース
腰の病気について
筋筋膜性腰痛
腰椎椎間板性腰痛
椎間関節性腰痛
腰部脊柱管狭窄症
腰椎分離症
仙腸関節性腰痛
側弯症

TOPページに戻る
関連記事

アレックス脊椎クリニック
ご予約はこちら

03-5758-1321

東京都世田谷区等々力4-13-1

東急大井町線
「尾山台駅」より徒歩2分