野球肘

野球肘とは?


野球(特に投球動作の反復)によって肘関節に生じる痛みの状態を「野球肘」と総称して呼びます。
野球肘は①内側型②外側型③後方型に分類されます。

①内側型:投球動作で肘にかかる外反ストレスによって上腕骨内側上顆に牽引力が働き、その反復により生じる。
肘関節内側側副靭帯損傷、上腕骨内側上顆裂離、上腕骨内側上顆下端裂離骨折

②外側型:投球動作で肘にかかる外反ストレスによって腕橈関節外側に圧迫力や捻転力が働き、その反復により生じる。
肘離断性骨軟骨炎、橈骨頭障害

③後方型:投球動作の反復によって生じる。
肘頭骨端症、肘頭骨端線離開

症状について

・ボールを投げるときに肘がいたくなる
・練習後に肘が痛くなる
・肘の内側や外側、後ろが痛い
・肘が腫れている
・肘の動きが悪い
・肘がぐらぐらする
・肘の中で音がする
・ボールを投げると肘の内側から小指
・くすり指にかけてしびれる
・握力が落ちる
 
長野整形外科クリニック
ご予約はこちら

026-256-8822

Web予約

〒 381-0043
長野県長野市吉田5-26-23

「北長野駅」より徒歩13分