肩関節拘縮(凍結肩、五十肩、肩関節周囲炎)

肩関節拘縮とは?

肩関節拘縮とは、いわゆる「五十肩」や「肩関節周囲炎」と呼ばれる肩関節の動きが制限される状態のことを言います。様々な原因により関節に炎症が起こると、関節の支持組織である関節包や靭帯が癒着し、動きが制限されます(癒着性関節包炎とも言われます)。次第に周囲の筋肉も硬くなって、腕の動きが悪くなり日常生活に支障をきたします。40歳~60歳に起こりやすく、男性より女性の方が多いのが特徴です。

肩関節拘縮の症状

・腕が上がらない
・肩から腕にかけての痛み
・夜、痛くて目が覚める
・結髪、結帯動作困難
・上腕部、肘にまで痛みを感じる(放散痛)

画像検査・診断

単純レントゲンで骨の変形、超音波検査・MRI検査で腱板断裂や上腕二頭筋長頭腱炎といった類似病態との鑑別をします。
臨床所見では圧痛部位、可動域を確認します。

肩関節拘縮の治療

・消炎鎮痛剤、関節内にヒアルロン酸、ステロイド注射で患部の炎症を抑えます。
・物理療法・徒手療法で筋肉の過緊張を和らげ、関節の可動性の改善を目指します。

痛みが取れない、動かない、保存療法の効果がみられない場合は 非観血的肩関節授動術(サイレントマニピュレ―ション) を行います。

関連リンク
肩関節外来はこちら
長野整形外科クリニック
ご予約はこちら

026-256-8822

Web予約

〒 381-0043
長野県長野市吉田5-26-23

「北長野駅」より徒歩13分