腰痛と胸郭可動性

 
胸郭 とは,腰椎と頚椎の間にある 胸椎 肋骨 胸骨 で構成された体幹の上部を指します.
この中には心臓や肺,肝臓などの重要な臓器が多く存在します.



胸椎 は12個の骨からなり,その下には5つの骨からなる 腰椎 があります.



胸郭 肋骨 で囲まれているため,固そうなイメージがあるかもしれませんが,実際の可動性はけっこうあります


肋骨 を触りながら体を左右に捻ったり,背中を丸めたり,反らしたりしてみてください.
肋骨 が動くのがわかると思います.

このように, 胸郭 可動性を持ちながら,固い骨によって内臓を保護している部分であると言えます.

特に上半身を反らしたり,捻ったりするようなスポーツを行う方は, 胸郭 の可動性が重要となってきます.



上の写真を見ていただいても, 胸郭 から身体が捻られているのがわかると思います.
 しかし,本来動くべきものが動かなくなると,それ以外の部分に負担がかかることになります.

例えば, 胸郭 が固くなり, 胸郭 から体を捻ることができなくなった場合,その下にある 腰椎 は通常以上に動いてくれないと,いわゆる正常と言われる運動範囲を動かせなくなります.

本来 腰椎 は捻るという動きが得意な部分ではありません.
そこに無理な捻り動作が加わり続けると,当然腰椎の関節( 椎間関節 )や 椎間板 などにはストレスがかかり, 椎間関節性腰痛 椎間板性腰痛 などの痛みへと繋がっていきます.
 
 


身体を捻ったときに, 胸郭 が十分に動いてくれるかどうかは,比較的簡単なテストでわかります.
下の写真のように,少しだけ腰を曲げた姿勢から,首は動かさないようにして,左右に身体を捻ってみましょう.



この時,後ろの見える範囲が左右で違ったり,捻っている感じが違ったりした場合,どちらかに捻る動作が固いことが考えられます.

捻る動作が固い原因のひとつに身体を捻る筋肉の固さが考えられます.
体幹の外側にある筋肉で,外腹斜筋と呼ばれる筋肉です.




              外腹斜筋


この 外腹斜筋 は身体を反対方向に捻る筋肉なので,例えば右の 外腹斜筋 の伸長性が低下してしまった場合,右方向に捻る動作が制限されてしまいます.
 
他にも様々な原因で 胸郭 の可動性が低下してしまうことがあります.
 
そのような 胸郭 の可動性低下に対して,下記のような運動を行っていきます.



Cat and Dog




1.四つ這いになって,できるだけ胸郭から動かすように背中を丸める
2.次に,できるだけ胸郭から背中を反らしていく
3.動作を繰り返す
 


Open Chest




1.四つ這いになって,片手を頭の上に置く
2.できるだけ胸郭から身体を捻り,肘を反対の腕の方に動かしていく
3.次に,できるだけ身体を開くように胸郭から身体を捻り,肘を天井に向かって上げていく
4.動作を繰り返す
*この時,腰や骨盤から身体を捻ってしまわないように気をつける
 


胸郭の可動性改善のためには,他にも多くの運動や治療アプローチ方法がございます.リハビリでは,現在の状態に最も適して方法を選んで参ります.
 

関連記事

03-5758-1321
0267-88-7850
つながりにくい場合↓
03-5758-1321
AR-Exグループ クリニック