第26回日本腰痛学会発表報告 理学療法士 朝重信吾

2018年10月26日~27日にかけてアクトシティ浜松で開催された、第26回日本腰痛学会において、当院理学療法士の朝重信吾が
「当院におけるJOABPEQを用いた経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術の術後成績」のテーマで口述発表を行いました。



腰椎椎間板ヘルニアに対する手術方法はいくつかありますが、経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術(通称:PED)は傷が7~8mmと小さく、体への侵襲が少ないと言われています。当院でも、保存療法では改善が難しい方に対してPEDでの手術を行っています。
今回は、この手術後の状態を把握するためにJOABPEQを使用して手術前、術後1ヶ月、術後2ヶ月の経時的変化を調査しました。

JOABPEQは日本整形外科学会腰椎評価質問票(JOA Back Pain Evaluation Questionnaire)で、疼痛関連障害、腰椎機能障害、
歩行障害、社会生活障害、心理的障害の5項目と腰痛の程度、殿部・下肢痛の程度、殿部・下肢しびれの程度の3項目から構成されて
います。この評価の特徴は、患者立脚、多面的評価、科学性に基づいて作成され、簡便に状態を把握できます。
 
今回の結果では、疼痛関連障害、腰椎機能障害、歩行障害、腰痛の程度、殿部・下肢痛の程度、殿部・下肢しびれの程度の機能面は、
手術後1ヶ月で早期に改善することがわかりました。
その一方で、社会生活障害と心理的障害は他と同様に術後1ヶ月での改善に加えて、術後1ヶ月から術後2ヶ月の間でも改善することが
わかりました。
これは、社会生活障害と心理的障害の改善には時間がかかることを示しています。
現状では、職業性腰痛や心因性腰痛といった腰痛の分類があるように、この2項目の問題を解決することが今後の課題だと考えます。

発表後は、多くの先生方からご指導、ご意見を頂きました。これらを参考に今後も研鑚していきます。

                                                 
                                                 アレックス脊椎クリニック
                                                   理学療法士 朝重信吾










 
03-5758-1321
0267-88-7850
つながりにくい場合↓
03-5758-1321
AR-Exグループ クリニック