第26回日本腰痛学会発表報告 理学療法士 早瀬有美加

2018年10月26日~27日にアクトシティ浜松(静岡県)で開催された、第26回日本腰痛学会において、
当院理学療法士の早瀬有美加が「内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術後の腹横筋・多裂筋筋厚評価 -超音波検査装置を用いて-」という演題で口述発表を行いました。



腰椎椎間板ヘルニアのリハビリテーションは、椎間板の負担を減らすことや脊柱を安定させるため、体幹の深部の筋肉(インナーマッスル)のトレーニングが重要であるとされています。
しかし、インナーマッスルにし実際に力が入っているかを確認することは困難です。

そこで内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術を行った患者さんの体幹のインナーマッスルである腹横筋と多裂筋が、手術後のどれくらいの時期に回復するのか超音波検査装置を用いて可視化させることをしました。

結果は手術から1ヶ月では改善を認めず, 2ヶ月後に改善を認める結果となりました。
手術前と手術後1ヶ月の比較では、トレーニング期間が短いため術後1ヶ月で筋肉の厚さの増加は認めないのではないかと考えます。
このため、手術で疼痛や痺れが減弱・消失しても腰部の筋力の回復には時間を要するため、仮に痛みやしびれが消失したとしても手術後1か月以降も積極的なリハビリテーションが必要であると考えました。
 
発表後は、多くの先生方から意見を頂きました。
頂いた意見を参考にしながら今後も腰部に関する研究を継続し、患者さんへ還元できるよう精進していきます。


アレックス脊椎クリニック
理学療法士 早瀬有美加
03-5758-1321
0267-88-7850
つながりにくい場合↓
03-5758-1321
AR-Exグループ クリニック