第26回日本腰痛学会発表報告 理学療法士 小林友仁

当院におけるJOABPEQを用いた内視鏡下椎弓切除術の術後成績
 
2018年10月26日(金)~27日(土)に静岡県浜松市で行われた、第26回日本腰痛学会で、「当院におけるJOABPEQを用いた内視鏡下椎弓切除術の術後成績」について当院理学療法士の小林友仁が口述発表しました。



当院では、腰部脊柱管狭窄症に対し、リハビリテーションや内服治療などで効果が得られず腰痛や下肢痛が続いている場合、手術療法を選択することがあります。手術方法は、内視鏡下椎弓切除術(内視鏡を使用し、狭くなった脊柱管を広げる手術方法)を当院では行っています。
そこで、今回の発表は当院における内視鏡下椎弓切除術の術後成績を報告しました。
調査結果は、術前と術後3ヶ月時をJOABPEQ(痛み・動作・歩行・日常生活動作・心理面の5項目からなる問診表)で比較したところ、すべての項目において改善していました。
また、通院終了患者群(平均術後3ヶ月)は通院継続患者群と比べると、より痛みの項目が改善していました。
 
今回、腰痛学会に参加して感じたことは、内視鏡下椎弓切除術のリハビリについての発表は少なく、今後より研究していく必要がある分野だと感じました。
今回、通院終了患者群は通院継続患者群と比べると痛みの項目の改善がより見られることが判りましたが、経過良好で通院が終了となるには、どのような身体機能が重要なのか、どのようなリハビリが必要か追究し、臨床場面で提供できるよう日々の臨床・研究に努めていきます。
03-5758-1321
0267-88-7850
つながりにくい場合↓
03-5758-1321
AR-Exグループ クリニック