2022RUSI workshop下肢・腰部 参加報告

2022/07/11
#理学療法士
理学療法士
吉岡 乾太

当院理学療法士の吉岡乾太が2022年7月2日〜3日に森ノ宮医療大学で開催された2022RUSI workshop下肢・腰部に参加してきました。

今回は腰部や下肢の組織を超音波エコー(以下、エコー)で描出する方法について学んできました。エコーは目には見えない身体の中の状態・動態を可視化できます。理学療法士でも触り分けが難しい筋肉や神経をエコーで可視化することで、本当にその筋肉を触れているか、またどんな動きをしているかを確認することができます。

私たちはエコーを用いて、身体の組織をより正確に触りわける触診の技術を高めたり、科学的根拠に基づいたリハビリを展開するための研鑽を行なっています。エコーで組織を綺麗に描出するには技術が必要です。今後も練習を続け、触診技術の向上や運動学の理解に活かしていきます。

この記事を書いたスタッフ
理学療法士
吉岡 乾太
理学療法士の吉岡 乾太(よしおか かんた)と申します。出身は青森県です。学生時代はずっと野球をしており、野球に育てられました。今度は私が理学療法士として選手をサポートし、自分を育ててくれた野球に恩返ししていきたいです。また、理学療法を通じて患者様の人生が少しでも豊かにできるよう、全力で向き合っていきます。
都立大整形外科クリニック
ご予約はこちら

03-6404-8550

Web予約

〒 152-0032
東京都目黒区平町1-26-3 スミール都立大2F

東急東横線
「都立大学駅」より徒歩2分

GoogleMapで開く