学術活動&勉強会

当院の一番のコンセプトはハードではなくソフト、つまりそれぞれのスタッフの技術力と心と考えています。
その中で全スタッフに創造性をもつ仕事をライフワークとして行ってもらい、素敵な人生を送ってもらうためにどうしても組織内教育(スクーリング)と個々の能力アップ(スキルアッブ)が必要となります。

そのため、スタッフそれぞれに高い専門性を持ってもらうために、個々のスキル能力を引き上げるための所属クリニックの院内勉強会をはじめ、Webカメラを使った勉強会、講師を招いての講習会、各種学会、講習会・セミナーへの積極的参加など行っています。

第15回 アレックス学会 〜切磋琢磨〜 開催報告

9月2日に当法人AR-ExMedicalGroupの法人内学会が行われました。その名も第15回アレックス学会!!今年は、軽井沢で行いました。今回は『切磋琢磨』のテーマのもと、前回に引き続きポスター発表やパネルディスカッションが盛り込まれました。法人内学会のため、事務・医療ク...

第6回アスレティックトレーニング学会学術集会 学会発表報告

2017年7月22・23日に長野県軽井沢町で行われた,第6回アスレティックトレーニング学会学術集会において,山田トレーナーが「体操競技と前十字靱帯損傷との関係性〜アンケート調査結果から〜」という演題で口述発表を致しました.第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会で発表した内容...

第14回アレックス学会

11月19日に当法人AR-ExMedicalGroupの法人内学会が行われました。その名も第14回アレックス学会!!今年は、熱海で行いました。お泊り先は、見事な絶景でした!!AR-ExMedicalGroupの法人内学会は1年に1度行われ、東京・長野の全施設から全スタッフが...

第43回日本肩関節学会・第13回肩の運動機能研究会 参加報告

10月21日(金)〜22日(土)に広島のリーガロイヤルホテルで開催された第43回日本肩関節学会・第13回肩の運動機能研究会に参加させて頂きました.当院では,月曜日の午前中に肩・肘専門外来を行っている平田医師が『筋前進併用鏡視下腱板修復術はどこまで修復維持が可能なのか?』とい...

8TH JOSKAS参加報告

7月28日~30日に福岡国際会議場で開催された第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(8THJOSKAS)へ参加させて頂きました。ACL手術は学会でも多くの議題として取り上げていました。当院でもACL術後患者のスポーツ復帰は大きな課題です。再建グラフトの種類、長さ、骨孔...

第28回日本整形外科超音波学会学術集会参加報告

平成28年7月2日に京都(メルパルク京都)で開催されました28回日本整形外科超音波学会において、超音波検査装置を用いた「上肢運動時における菱形筋の超音波動態評価」という演題名で口述発表を行いました。今回の私は、肩関節周囲筋の中でもなかなか活動性を評価するのが難しい、菱形筋に...

超音波研修会

日時:3月2日〜3月15日場所:森ノ宮医療大学今回3月2日〜3月15日までの2週間、森ノ宮医療大学での国内留学という形で研修に行ってまいりました。AR−Exに超音波画像診断装置をもちいたリハビリテーションの臨床指導に来てくださっている工藤慎太郎先生が在籍されており、そこで研...