四十肩五十肩に隠れた、石灰沈着性腱板炎?!

四十肩五十肩に隠れた、石灰沈着性腱板炎?!

40代50代で良く、肩が痛くなると言う話を、聞いたことはありませんか?
世間一般的には、四十肩・五十肩と言われています。
ストレッチをしていれば、自然と良くなってくると言われ事も多いのではないでしょうか?

四十肩・五十肩は、50歳代前後を中心に多発し、症状は肩関節周囲の痛みと運動制限がメインです。
40代で発症した場合は四十肩、50代で発症した場合は五十肩と呼び、それ以外にも凍結肩・フローズンショルダーと呼び名が変わりますが、すべて同じ「肩関節周囲炎」という病気です。

 
では、石灰性腱炎とはどういう症状なのでしょうか?
40~50歳代に多くみられる症状です。石灰性腱炎や石灰沈着性腱板炎などと言われていますが、
肩の中にある筋肉(腱板)内に、カルシウムが沈着することで、急に炎症が生じ肩周囲の激痛が起きます。激痛により、肩が動かせない状態の人もいます。
突然の激痛が走り、腕を動かすことができないのが特徴ですが、石灰が肩に溜まる原因は未だに解明されておりません。そのため、再発するリスクもあります。
急な激痛は、痛み止めやアイシング・安静にする事で、徐々に症状が改善されていきます。
しかし、激痛は改善されても正しい治療を行わないと、元の状態まで改善されない事も多いのです。

肩石灰性腱炎には、急性型と慢性型の2つタイプに分かれます。

【急性型】
安静時、夜間に肩に激痛が走り腕を動かすことができません。
そのため、日常生活に支障をきたし、夜は痛みによって睡眠が妨げられてしまいます。寝れない状態が続きます。すぐに目が覚める。
また急性型では、炎症が落ち着くと慢性型へ移行する場合が多いです。

【慢性型】
腕を上げる動きで疼痛や引っかかり感が慢性的に続きます。この状態は、四十肩・五十肩と同じような症状を呈します。
・肩,腕が上がらなない
・背中に手が回らない。届かない
・服を脱ぐ・着る動作が痛い。出来ない。
・手が横に開かない。
・ズボンの後ろにあるポッケに手が入れれない。
・髪を洗えない。
・肩がまっすぐ上がらない。
・洗濯物を干す時に痛い!

慢性型の場合、リハビリで肩甲骨の動きや肩の中にある筋肉(インナーと呼ばれる腱板筋)を鍛える事で、症状が改善する場合があります。
リハビリを行っても、肩を動かす際に、石灰が引っかかり痛みを伴う場合は、手術を行う場合もあります。


この慢性型の状態を、ただの四十肩・五十肩と思ってしまうと危険なのです。
40~50代になったて、少し肩が痛いと思われても、ただの四十肩・五十肩と思わずに
まずは、正しい肩の状態をチェックしてもらいましょう。
肩の中に、石灰が隠れてませんよね?

四十肩五十肩に隠れた、石灰沈着性腱板炎?!

40代50代で良く、肩が痛くなると言う話を、聞いたことはありませんか?世間一般的には、四十肩・五十肩と言われています。

ストレッチをしていれば、自然と良くなってくると言われ事も多いのではないでしょうか?


四十肩・五十肩は、50歳代前後を中心に多発し、症状は肩関節周囲の痛みと運動制限がメインです。40代で発症した場合は四十肩、50代で発症した場合は五十肩と呼び、それ以外にも凍結肩・フローズンショルダーと呼び名が変わりますが、すべて同じ「肩関節周囲炎」という病気です。

 
では、石灰性腱炎とはどういう症状?
40~50歳代に多くみられる症状です。
四十肩・五十肩の時と一緒です。ここが勘違いされやすい、原因です!!

石灰性腱炎や石灰沈着性腱板炎などと言われていますが、 肩の中にある筋肉(腱板)内に、カルシウムが沈着することで、急に炎症が生じ肩周囲の激痛が起きます。激痛により、肩が動かせない状態の人もいます。突然の激痛が走り、腕を動かすことができないのが特徴ですが、石灰が肩に溜まる原因は未だに完全には解明されておりません。

急な激痛は、痛み止めやアイシング・安静にする事で、徐々に症状が改善されていきます。
しかし、激痛は改善されても正しい治療を行わないと、元の状態まで改善されない事も多いのです。


肩石灰性腱炎には、急性型と慢性型タイプに分かれてきます。
【急性型】
安静時、夜間に肩に激痛が走り腕を動かすことができません。
そのため、日常生活に支障をきたし、夜は痛みによって睡眠が妨げられてしまいます。寝れない状態が続きます。すぐに目が覚める。
また急性型では、炎症が落ち着くと慢性型へ移行する場合が多いです。

【慢性型】
腕を上げる動きで疼痛や引っかかり感が慢性的に続きます。日常生活に支障がある人もいれば、ある動作だけ痛みを伴う人もいます。そのため、痛みがある動作だけ、避けて生活を送られる方も多くいます。

この状態は、四十肩・五十肩と同じような症状です。
・肩,腕が上がらなない(左右差がある)
・背中に手が回らない。届かない
・服を脱ぐ・着る動作が痛い。出来ない。
・手が横に開かない。
・ズボンの後ろにあるポッケに手が入れれない。
・髪を洗えない。
・肩がまっすぐ上がらない。
・洗濯物を干す時に痛い!


この慢性型の状態を、ただの四十肩・五十肩と思ってしまうと危険なのです。

40~50代になったて、少し肩が痛いと思われても、ただの四十肩・五十肩と思わずに、
まずは、正しい肩の状態をチェックしてもらいましょう。
 
肩の中に、石灰が隠れてませんよね?
当院の医師紹介
関連記事

都立大整形外科クリニック
ご予約はこちら

03-6404-8550

Web予約

〒 152-0032
東京都目黒区平町1-26-3 スミール都立大2F

東急東横線
「都立大学駅」より徒歩2分

GoogleMapで開く