四十肩・五十肩の治す方法(まずは知る)

四十肩・五十肩の治す方法(まずは知る)


四十肩・五十肩の治す方法として、まず大切なのは本当に一般的に言われているような四十肩・五十肩なのか?それを正しく知る・診断をつける事だと考えます。

一般に四十肩五十肩と言われるものは「肩関節周囲炎」という診断になります。

「肩関節周囲炎」は、
50歳代前後を中心に多発し、症状は肩関節周囲の痛みと運動制限がメインです。
40代で発症した場合は四十肩、
50代で発症した場合は五十肩と呼び、それ以外にも凍結肩・フローズンショルダーと呼び名が変わりますが、すべて同じ「肩関節周囲炎」という病気です。

しかし、腱板断裂、石灰性腱炎(石灰沈着)、上腕二頭筋長頭腱炎、腱板疎部損傷、不安定症などと「肩関節周囲炎」は同じ病気ではない。
ここをしっかり、判別することが大切

肩関節周囲炎の発症のプロセスはいまだに明らかではありませんが、肩周囲の筋肉や腱、靭帯、関節包、滑液包などの組織が加齢などにより炎症を生じることが要因として考えられています。

最初に痛みを感じる時は、特に何か転倒や捻ったなどのきっかけが無く、徐々に痛みが出てきたり、気づいたら肩の動きが悪くなっていることが多々あります。

その為、あまり気にされない方も多く、湿布を貼って様子をみられる方が多いです。
気づいたら、
・肩が動かせない。
・動かすと激痛が走る。
・夜眠れない。
・腕まで痛い
などの症状まで起きる場合があります。


そんな肩関節周囲炎という症状は、リハビリや注射を始めとした保存療法を行うことで、ほとんどの場合が良くなります。

しかし、肩が上がらない。動かすと激痛が走る。夜眠れない。などの症状は、腱板断裂や石灰性腱炎などでも同じ症状が出るので、ここを四十肩五十肩と思って様子を見るのではなく、しっかり判断する必要があるのです。

何故なら、腱板断裂や石灰性腱炎などの場合、手術を行わなければ、完全には良くならない場合もあるからです。

その為にも、まずは病院で、レントゲンや超音波検査をする必要があります。
石灰性腱炎ならレントゲンを。腱板断裂なら超音波やMRIなどを行う事で、評価が行えるからです。

四十肩五十肩と思って、湿布や痛み止めで様子を見るのではなく、しっかり評価をしてもらい、原因をしっかり知りましょう。


当院の医師紹介

四十肩・五十肩の治す方法(まずは知る)


四十肩・五十肩の治す方法として、まず大切なのは本当に一般的に言われているような四十肩・五十肩なのか?それを正しく知る・診断をつける事だと考えます。

一般に四十肩五十肩と言われるものは
「肩関節周囲炎」という診断になります。

「肩関節周囲炎」は、
50歳代前後を中心に多発し、症状は肩関節周囲の痛みと運動制限がメインです。
40代で発症した場合は四十肩、
50代で発症した場合は五十肩と呼び、それ以外にも凍結肩・フローズンショルダーと呼び名が変わりますが、すべて同じ「肩関節周囲炎」という病気です。

しかし、腱板断裂、石灰性腱炎(石灰沈着)、上腕二頭筋長頭腱炎、腱板疎部損傷、不安定症などと「肩関節周囲炎」は同じ病気ではない。
ここをしっかり、判別することが大切

肩関節周囲炎の発症のプロセスはいまだに明らかではありませんが、肩周囲の筋肉や腱、靭帯、関節包、滑液包などの組織が加齢などにより炎症を生じることが要因として考えられています。

最初に痛みを感じる時は、
「転倒」や「捻った」などのきっかけが無く、徐々に痛みが出てきたり、気づいたら肩の動きが悪くなっていることが多々あります。

その為、あまり気にされない方も多く、湿布を貼って様子をみられる方も多いです。

気づいたら、
・肩が動かせない。
・動かすと激痛が走る。
・夜眠れない。
・腕まで痛い
などの症状まで起きる場合があります。


そんな肩関節周囲炎という症状は、リハビリや注射を始めとした保存療法を行うことで、ほとんどの場合が良くなります。

ここで問題なのは、
肩が上がらない。動かすと激痛が走る。夜眠れない。などの症状は、「腱板断裂」や「石灰性腱炎」などでも同じ似た症状が出ます。
その為、四十肩五十肩と思って、甘く見ていると症状が変わらない。もしくは悪化する場合があるからです。


四十肩五十肩と思っていても、まずはしっかり判断してもらう必要があるのです。

腱板断裂や石灰性腱炎などの場合、
手術を行わなければ、完全には良くならないケースもあるからです。治療方針が異なるのです。

その為にも、まずは病院で、レントゲンや超音波検査をする必要があります。
石灰性腱炎ならレントゲンを。腱板断裂なら超音波やMRIなどを行う事で、評価が行えるからです。

四十肩五十肩と思って、湿布や痛み止め漢方などで様子を見るのではなく、しっかり評価をしてもらい、原因を知り対処しましょう


当院の医師紹介
関連記事

都立大整形外科クリニック
ご予約はこちら

03-6404-8550

Web予約

〒 152-0032
東京都目黒区平町1-26-3 スミール都立大2F

東急東横線
「都立大学駅」より徒歩2分

GoogleMapで開く