テニス肘??実は内側も痛くなる??

 

テニス肘??実は内側も痛くなる??

テニス肘は一般的には、上腕骨外側上顆炎の事を示します。

このテニス肘。
主として上腕骨外側上顆炎に位置づけられていますが、
右利きの方の場合、短橈側手根伸筋(略語:ECRB)を多く使うシーンは、バックハンドストロークですね。
バックハンドストロークの場合、右利きであれば手首を反らす方により力を入れる為だとか。。
その為、バックハンドテニス肘という事もあるそうです。


待て待て
バックハンドストロークよりフォアハンドストロークの方が、負担はかかりそうだが。。。
だって、バックハンドストロークは両手で行う事もあるし、フォアハンドストロークは片手で行うことの方が多いぞ。

その通り、なので前腕の屈筋群が頑張りすぎていると、肘の内側が痛くなりやすいのです。
これは、上腕骨内側上顆炎といい、フォアハンドストロークで発生するのでフォアハンドテニス肘という。


なので、
テニス肘=上腕骨外側上顆炎=バックハンドテニス肘
〇〇〇肘=上腕骨内側上顆炎=フォアハンドテニス肘


この〇〇〇肘、整形外科では一般的に何と言われているか?
これ、ゴルフ肘と総称されてます。
これは、外側の痛みはテニスする人が多く、内側の痛みはゴルフする様な人が多い為
この様な言い方になったのでしょうか?

 

テニス肘??
実は内側も痛くなる??

テニス肘は一般的に
上腕骨外側上顆炎の事を示します。

このテニス肘。
主として上腕骨外側上顆炎に位置づけられていますが、右利きの方の場合、短橈側手根伸筋(略語:ECRB)を多く使うシーンは、バックハンドストロークですね。
バックハンドストロークの場合、右利きであれば手首を反らす方により力を入れる為だとか。。
その為、バックハンドテニス肘という事もあるそうです。


待て待て
バックハンドストロークよりフォアハンドストロークの方が、負担はかかりそうだが。。。
だって、バックハンドストロークは両手で行う事もあるし、フォアハンドストロークは片手で行うことの方が多いぞ。

その通り、なので前腕の屈筋群が頑張りすぎていると、肘の内側が痛くなりやすいのです。
これは、上腕骨内側上顆炎といい、フォアハンドストロークで発生するのでフォアハンドテニス肘という事もあるそうです。

なので、
肘外側痛=テニス肘
→上腕骨外側上顆炎=バックハンドテニス肘

肘内側痛=〇〇〇肘?
→上腕骨内側上顆炎=フォアハンドテニス肘


この〇〇〇肘、一般的に何と言われているか?
これ、ゴルフ肘と総称されてます。
これは、外側の痛みはテニスする人が多く、内側の痛みはゴルフする様な人が多いから、この様な言い方になったのでしょうか?


左利きの場合は、どうなるのやら。。
一般的な用語だけでなく
正しい、診断名を理解する事も大切ですね!
 
関連記事

都立大整形外科クリニック
ご予約はこちら

03-6404-8550

Web予約

〒 152-0032
東京都目黒区平町1-26-3 スミール都立大2F

東急東横線
「都立大学駅」より徒歩2分

GoogleMapで開く